【PYTHONメモ】exeファイルを作成するPyInstallerについて

PYTHON

今回はexeファイルを作成するPyInstallerについて。

PyInstallerとは?

PyInstallerは、Pythonスクリプトを実行可能ファイルに変換するためのツールです。Pythonをインストールしていない他の人にも簡単にPythonスクリプトを実行できるようになります。

PyInstallerは、スクリプトに必要なすべての依存関係を検出して、それらを実行可能ファイルにパッケージ化します。これにより、Pythonのバージョンや必要なライブラリのインストールなど、配布先の環境設定に関する問題を回避できます。

つまり、Pythonをインストールしていないパソコンでも動かすことが出来るのです。

必要なライブラリ

必要なライブラリは PyInstaller になります。

pip install pyinstaller

exeファイルの作成方法

PyInstallerはプラグラム上で使用するわけではありません

下記のコマンドを実行すると PYTHONのプログラムがexeファイルとして出力されます。

pyinstaller プログラム名.py --onefile

使用感

唯一の欠点として、プログラムファイルの容量が大きくなるという点です。

但し、PYTHONをインストールしていないパソコンでも使用できるようになる点としては、この欠点は十分に克服していると言えます。

GUIのライブラリを使えば、より利便性は高められます。

私も仕事でプログラム作成を頼まれる場合は、PyInsatllerでexe化をして配布しています。非常に便利ですよ。

 

PYTHON
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
OPTY LIFE(オプティライフ)
タイトルとURLをコピーしました