【第8回PYTHON講座】音声合成ライブラリ『gtts』を 使ってプログラムを作ろう①

スポンサーリンク
PYTHON

今回は、音声合成(テキストから音声ファイルを作成する)ライブラリ『gtts 』を利用したプログラムを作成します。

完成プログラムの内容

GUIベースの入力欄に文字を入力し、実行ボタンをクリックして、音声を再生させるプログラムを作成します。また、入力される言語選択ををプルダウンで選択出来るようにしたいと思います。

今回はGUIなしで、決まった文章を音声合成し、再生するプログラムまでを作ります。

スポンサーリンク

『gtts』、『playsound』のインストール

音声ファイルを作成する為のライブラリ『gtts』、音声ファイルを再生する為のライブラリ『playsound』をインストールして下さい。

これでプログラム作成の準備が整いました。

『gtts』を使用して音声ファイルを作る

1行目:gttsのライブラリからgTTSという関数をインポートします。

2行目:myTextに音声変換する文字列を保存します。

3行目:languageに言語を指定します。日本語なので『ja』になります。

4行目:音声合成をする関数『gTTS』です。引数として、text:(音声変換する文字)、lang:(言語)、slow:(音声速度)があります。langに関しては、日本語の場合はja、英語の場合はenになります。

プログラムを実行すると、音声ファイル『output.mp3』が作成されます。

音声ファイルを再生する

先ほどの音声ファイル『output.mp3』を再生してみましょう。

えっ、ファイルはどこにあるの?

プログラムを見ると、どこに音声ファイルが出力されているか分かりません。

では、出力されている場所を確認しましょう。プログラムがどのフォルダを基準(現在の作業フォルダ)としているを知るためには、先ほどのプログラムに、下記を追記し、どこのフォルダかを確認します。

私の場合(windows10)、”C:\Users\ユーザー名”のフォルダに保存されていました。『output.mp3』を見つけたら、一度、再生してみて下さい。女性の声で”おはようございます”と流れます(音声は女性のみになります)。

ここで、音声ファイルを解りやすい所、指定したフォルダにに出力するように工夫します。下記のようにファイル名を変えてみて下さい。

1行目:出力先のフォルダを指定する

2行目:ファイル名と出力先のアドレスを繋げる

ここで『/』と『\』の違いですが、プログラム内で階層(ディレクトリ)を区切るには、『/』を使って下さい。windowsのフォルダアドレスをそのままコピーすると『\』になってしまうので注意して下さい。

プログラムで音声を再生『playsound』

プログラム内で再生するにはライブラリ『playsound』を使用します。

プログラムを実行すると音声が流れました。

今回のコード

実際には作業フォルダを知る為のコードは不要になります。

最後に

文字から音声への変換(音声合成)と音声再生を実行することが出来ました。次はGUIベースでこのプログラムを拡げていきます。楽しみにしていて下さい。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました