【第3回PYTHON講座】Visual Studio CodeでPYTHONを始める

スポンサーリンク
PYTHON

PYTHONのプログラムを書くソフトを紹介します。

PYTHON自身でも編集、実行は出来ますが、多くのプログラマーは別のソフトで編集と実行を行っています。

紹介するソフトはMicrosoft(マイクロソフト)のVisual Studio Codeです。Visual Studio Codeは様々なプログラムを編集することが出来るソフトとして有名ですが、PYTHONも編集できます。

では早速、Visual Studio CodeでPYTHONを編集し、実行する方法を紹介します。

スポンサーリンク

Visual Studio Codeの導入

Visual Studio Codeのインストールと日本語化は下記のページを参考にして下さい。

Visual Studio Codeのインストール

【WordPress】無料プログラムコードエディタ Microsoftの「Visual Studio Code」
今回は、テーマのプログラムのコードを見る為に使用しているソフト『Visual Studio Code』を紹介したいと思います。なんと、あのMicrosoft社が作っているソフトで、なんと無料なのです!!『Visual Studio 』...

Visual Stuido Codeの日本語化

Microsoft「Visual Studio Code」の日本語化
WordPressのソースコードの編集で紹介したMicrosoftの「Visual Studio Code」ですが、インストールされると英語のメニューになっています。今回は、日本語のメニューに変更する方法を紹介します。メニューを日本...

PYTHON用に設定

Visual Studio Codeは様々なプログラムを編集することが出来ますが、それぞのプログラムのコードを導入しなければなりません。PYTHON用に追加設定するために、Visual Studioのマーケットプレイスから『PYTHON』をインストールします。

Python - Visual Studio Marketplace
Extension for Visual Studio Code - Linting, Debugging (multi-threaded, remote), Intellisense, Jupyter Notebooks, code formatting, refactoring, unit tests, snipp...

Install』をクリックすると、『Visual Studio Codeを開きますか?』とメッセージが出ます。『Visual Studio Codeを開く』をクリックすると、Visual Studio Codeが自動的に起動しますインストールが始まります。これで完了です。

プログラムを編集・実行

Visual Studio Codeを立ち上げます。

PYTHONのプログラムを書き始める際に、まずはファイルを保存して下さい。保存する際に拡張子を『py』にして下さい。直接ファイル名を”pritntest.py”下記のように書いても構いません。これでVisual Studio CodeがPYTHONのプログラムであることを認識することが出来ます。

プログラムを書いたら、ウインドウ右上に緑の三角マーク実行』ボタンがあり、これをクリックすると、プログラムが実行されます。

まとめ

Visual Studio Codeは他のプログラムも編集することが出来るということでユーザーが多いソフトウェアになります。Python用のプログラム編集ソフトは他にもありますが、まずはVisual Studio Codeをご利用されてはいかがでしょうか。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました