【第4回PYTHON講座】生年月日を入力して 年齢と星座を表示させる ブログラムを作ろう①

スポンサーリンク
PYTHON

PYTHONでプログラムを作っていきます。

作成するプログラムは生年月日を入れて年齢と星座を表示します。

では、作ってみましょう。

スポンサーリンク

生年月日を入力する

プログラムを起動し、情報を入力するにはInput関数を使用します。

重要な事は、Input関数で入力されたものは文字列として判断されます。その為、数字で入力しても文字として判断されます。

プログラムは下記の通りになります。birthyearbirthmonthbirthdayにそれぞれ数値が入力されます。

年齢を計算する

年齢を知るためには、本日の日付を知る必要があります。Pythonには日付を知る為のライブラリ『datetime』が用意されているので使いましょう。

ライブラリの使用方法

ライブラリを使用するためには、必ず、プログラムの頭に下記の通り記入して下さい。

本日の日付を入れる変数を『todaydt』にします。下記の通り、printで出力すると、todaydt.yearに本日の西暦、todaydt.monthに本日の月、todaydt.dayに本日の日が出力されます。

文字列を数字に変換する

年齢の変数をage01とします。年齢を計算する時は、本日の日付から生年月日を引きます。

先述したように、生年月日を入力した際、プログラム側では文字列で認識される為、上記のように書くとエラーが出てしまいます。birthyearが文字列なので、整数に変更しましょう。

文字列を整数値にするにはint(文字列)でくくってあげます。

年齢を出力 

出来上がったプログラムは下記の通りになります。

 

最後の出力はprintでしていますが、ダブルクオーテーションの前に『f』を付ける事で、ダブルクォーテーション内に『{}』で変数を囲えば、簡単に結果を出力することが出来ます。便利ですよね。

次回

次回は生年月日から星座を表示させるプログラムを加えます。

 

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました