【第1回PYTHON講座】『PYTHON』のイントール方法

スポンサーリンク
PYTHON

人気プログラム言語の『PYTHON』を始めてみました。C言語より簡単でライブラリが非常に豊富な言語です。そして無料で使えます。

不定期ですが、PYTHONについてのトラブル対処法やテクニック等をシェアしていきたいと思います。第一回はインストール方法について紹介します。

スポンサーリンク

インストール前に認識しておくこと

PYTHONは英語版

英語版しかありません。日本語版が無いことを認識して下さい。

Windowsが何ビットか調べる

PYTHONは32bit用、64bit用がそれぞれあります。ご自身のWindowsが32bitか64bitかを調べる必要があります。自分のパソコンに合ったものを選んで下さい。調べ方はコマンドプロンプトを起動して『wmic os get osarchitecture』とタイプすると出てきます。下の画像は64ビットと表示されている場合です。

インストール時のチェックボタン

PYTHONのインストールする時にチェックボタンを選択する必要があります。選択し忘れると、再度、アンインストールして再インストールする必要があります。

PYTHONをダウンロードする

PYTHONのホームページに行きます。上部メニューの『Downloads』をクリックし、『Windows』をクリックします。

そうすると『Python Releases for Windows』のページが表示されます。この中で『Stable Releases』で、64bitであれば『Download-Windows X86 -64 executable installer』、32bitであれば『Download-Windows X86 executable installer』をそれぞれクリックしてダウンロードして下さい。Stable Releasesを選ぶ理由は安定したバージョンだからです。最新版であるとなんらかの不具合がある可能性があります。

PYTHONをインストールする

ダウンロードしたファイルをクリックしイントールを開始して下さい。最初の画面で『Add Python 3.7 to PATH』には必ずクリックして下さい。これがインストール前に認識しておくことで述べた内容です。もし忘れてしまったら、再度、このダウンロードしたファイルをクリックしてアンインストールし、再イントールしなおして下さい。

Setup was successful』が出れば終了です。Disable…はクリックする必要はありません。『Close』をしてイントールを終了させて下さい。

イントールの確認とpipのインストール

コマンドプロンプトを起動させて、『python –version』とタイプしてエンターを押してください。正常にインストールされていれば、Python 3.7.7とインストールしたPYTHONのバージョンが表示されます。インストール時にチェックを入れていなければ、このように表示されません。

次にコマンドプロンプトから『python -m pip install –upgrade pip setuptools wheel』とタイプしてエンターを押してください。pipというPYTHONのライブラリをインストールする為のソフトをインストールします。

これでセットアップは完了です。

プログラムを書いてみよう、『Hello, world』

プログラムが動くか確認しましょう。Windowsのメニューから『IDLE(Python 3.7 64-bit)』を選んで下さい。

PYTHONが立ち上がります。メニューの『File』から『New File』を選択します。

編集画面が出るので、下記のようにタイプして下さい。文の最後にセミコロンなどは不要です。ファイルを保存して下さい。

上部メニューの『Run』から『Run Module』を選択して下さい。

PYTHONの画面でhello worldと表示されました。これでPYTHONが無事に起動するのを確認できました。

まとめ

今回はインストールを紹介しました。PYTHONはシンプルなプログラム言語ですが、色々なプログラムを作ることが出来ます。

これから、PYTHONライフを一緒に楽しんでいきましょう。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました