【映画レビュー】キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け-

映画

Amazon Primeで 『キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け-(原題:Arbitrage)』を観ました。

評価(4/5):★★★★☆

この映画は投資をして大成功を求めようとしている方に観て欲しい映画です。

ニューヨークに住む大富豪が完璧な人生を送っていたが、巨大な負債を負い、ある事故の過失を追ってしまうことになります。そこで嘘を重ねて罪や負債から逃れようとする映画です。

ここからはネタバレを含んでいます。

主人公のミラー氏はヘッジファンドの代表で、大富豪。子供も立派に育っています。プライベートジェット、リムジンでの移動など、大富豪ならではの生活スタイルです。家族の前では立派なビジネスマンですが、その反面、浮気もしていて、恋人には会社名義で住まいやお金のサポートをしる面を持ち合わせています。

そんな順風満帆な生活の中、投資の失敗で借金を負い、恋人とドライブ中に居眠り運転をして事故を犯してしまい、恋人を死なせてしまいます。恋人との関係を家族にばれないようにする為、また負債を解消するための契約を優先するために、事故を起こした後に、救急車を呼ばずに、現場から逃げてしまいます。当然、事故現場に警察が来て、同乗者を探すことになるのですが、ミラー氏は金で嘘を重ねて、罪から逃れようとします。そして、その過程で、奥さんや娘からの信頼を無くす結果になります。最終的には、契約も合意し、罪も免れる結果になりますが、家庭は崩壊状態になります。

よくツイッターで、投資で成功した方々の優雅に生活している様子をみます。すごい車に乗ってる、いいホテルに泊まっているということを思う事があります。自分もそんな生活を送りたいと思う事もあります。ただ、この映画のように、成功をして、大金持ちになっても、栄華というのは必ずしも続くわけではないのだなと改めて思いました。投資に限らず、ビジネスの世界では成功もあれば、失敗する時もあります。ミラー氏の場合は、一時の成功で成しえた生活ではありませんが、人生うまく行くときもあれば、うまく行かない時もあります。それを踏まえての人生ということを理解しないといけないなと思います。

また、一番大切なのは、犯罪を犯さない事ですね。当然です。犯罪だけは犯してはいけないし、それをお金で解決しようとするのはもってのほかだと思います。映画のように、家族からの信頼を無くしてしまうと、お金があったとしても、幸せな生活を送ることが出来ません。

私もFXで投資をしているので、この映画を見て少し考えさせられました。大金を得ていないですが、お金=欲は人を狂わせてしまう所があるなと思います。大金持ちになろうとしている方にとっては、反面教師として勉強になる映画だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました