夏の強い日差しを乗り切る 『日傘』 男性でも使いましょう

スポンサーリンク
生活と暮らし

こんにちは。

夏のシーズンはいつにもまして日差しがきついですよね。

みなさんはどのようにこの日差しを防いでいますか?気にせず、直接日差しを受けていますか?

日差しを受けない事で、相当の不快な暑さを防ぐことが出来ます。日陰に行くと、涼しく感じますよね?日差しを防ぐ、一番の方法はなんといっても日傘です。

一般的に日傘は女性が使うものという考えがあります。その為、男性が使う場合、周りから女々しく思われないか、恥ずかしいと思う方が多くいると思います。

そんな方に、日本で最初の日傘男だと思っている私が、男性に日傘の使用をおススメしたいと思います。

スポンサーリンク

私が日傘を使い始めたきっかけ – 女性の日傘を見てから

はっきり覚えてませんが、およそ今から15年以上前(2004年ぐらい)から、日傘を使っています。正確に言うと、日傘ではなく、携帯の雨傘を日傘として使用しています。以前、働いていた所は、電車通勤でした。その為、家から駅まで歩いていました。家賃の安いところに住んでいたので、家から駅まで遠く、徒歩で20分ぐらいかかりました。夏場は、20分の炎天下の道を歩いていました。

日々、炎天の下で歩くと、暑くて暑くて、大げさかもしれませんが、砂漠にいるようでした。あまりにも日差しを浴びるので、日焼けをし、会社の人から、”どこかに遊びにいったの?”とよく聞かれました。本当です!!

通勤路に、どうして日差しを防ぐ街路樹がないんだろうっと思ったことも多々ありました。そうして、『この日差しがなんとか防ぐことができないか』と思ったとき、日傘を差している女性が目に入りました。女性は日傘があっていいなと、どうして、男性には無いのだろうと疑問に思いました。

そういうことを思う日々を過ごしていたら、丁度、携帯用の傘を持っていたので、これを日傘替わりにして、日差しを防ごうと思いました。初めは、女々しく思われないかと少し不安でした。でも、傘を差してみると、あまりの涼しさとその快適さに、そんな些細な悩みは気にならなくなりました。

それが私の使い始めたきっかけです。要は暑くて耐えられなかったからです。今も携帯の雨傘を日傘として使用しています。

男性用日傘の浸透度 – スーツに合うデザイン、徐々に広がっている

使い始めた当時から、男性用の日傘があればいいなあっと思っていました。昔から環境問題について興味があったので、地球温暖化が続けば、いつか男性用の日傘も出るなと思っていました。案の定、数年前から発売され始めました。

男性用日傘をショッピングサイトで検索すると、男性用日傘は、女性が使用するレース状や布製の日傘ではなく、雨兼用で、男性用としてアレンジされています。私が検索した時は、ダークな色が多かったです。ダークな色は、太陽の光が吸収されやすいので、白などの薄い色がいいですが、男性用となると、なかなか少ないように思えます。

まだ、男性の日傘の習慣が浸透していないのか、スーツを着た男性が日傘を差す場面を1度だけ目にしました。私が住んでいるところが、地方なので、見る機会がないのかもしれません。地方は、車通勤が多いですからね。

ただ、仕事の時だけではなく、プライベートでも使用してもいいと思います。

まとめ

男性が使用する時は、最初は躊躇するかもしれませんが、一度、使ってみるとやめられなくなります。

特に、スーツで仕事される方は、クールビズになったとしても、外でスーツで歩くのは、非常に暑くてきついと思います。日射病や熱中症にならないためにも、日傘を使うのをおススメいたします。突然の雨にも役立ちますよ!


トップ画像はBruno GlätschによるPixabayからの使用

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました