【転職・就職】外資系企業に勤めたい人は『LinkedIn』がおススメ

スポンサーリンク
仕事

みなさん、ビジネス専門のSNSの『LinkedIn』をご存知ですか?

LinkedIn: Log In or Sign Up
675 million+ members | Manage your professional identity. Build and engage with your professional network. Access knowledge, insights and opportunities.

日本ではリクナビがありますが、LinkedInは世界のリクナビといったところでしょうか。もちろん、リクナビのように転職向けに作られたわけではなく、ビジネスのSNSという位置づけです。登録者は自分の学歴、職歴、資格をオープンにすることで、転職、企業やリクルーターのヘッドハンティングの機会を増やすことが出来ます。

先ほども述べましたが、世界のリクナビという感じなので、外資系のリクルーターが登録者を見ているので、外資系企業への転職が容易になります。逆に日系企業に転職を考えているようであれば、リクナビなどの国内の就職・転職サイトに登録をおすすめします。

外資系のリクルーターは海外の人が多く、日本語が話せない方が多いです。やり取りは英語になりますが、外資系を目指している方は英語が得意だと思いますので、問題ないかと思います。英語が苦手な方は、メールやチャットでのやり取りも出来ます。ただ、外資系企業への就職するには英語力があった方が有利です。

一旦、LinkedInに登録し、転職意欲があるという設定にすると、多くのリクルーターがコンタクトしてきます。先ほども述べたように、ほぼすべてが外資系の企業の紹介です。

紹介内容に興味がない場合は、断りの返事をする必要はありません

もちろん、断りの返事をすることも丁寧でいいと思いますが、私は必要ないかと思っています。なぜかというと、日系のリクルーターのように丁寧ではない所が多いです。書類通過しない場合、その後の連絡がないということがまあまああります。そういう感じなので、やり取りに関しては、あまり丁寧にならなくてもいいかなと思っています。

初めてLinkedInというSNSを知った方も多いと思います。私も10年ぐらい前に登録しましたが、LinkedInで知り合ったリクルーターを通して2回転職しました。LinkedInに登録しておけば、外資系企業に就職することが容易になりますので、是非、外資系企業を目指している方は登録してみてはいかがでしょうか。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました