テレビについて思う事 – テレビを観なくなって数年になりました

スポンサーリンク
将来の生活

今回はテレビについて思う事を綴りたいと思います。

もうすぐテレビが無くなる』と思っているからです。


今は、インターネットが日々の情報源ですが、インターネットが広まるまでは、テレビは情報源でした。

人々の話題のほとんどは、テレビから得られるものからでした。

なので、みんな、テレビを常に観たいという状態でした。

私にとっても、テレビは、生活に欠かすことの出来ない物の一つでした。

しかし、今は、テレビを観なくなって数年になりました


テレビを観なくなった理由は、仕事が忙しくなったことがあります。

テレビどころじゃないっていうのがあり、自分の優先順位から落ちていきました。

その代わりに、Youtubeを観る事が多くなっていました

テレビはリアルタイムでコンテンツを観なければなりません。もしくは、録画しておかなければなりません。

仕事で忙しければ、リアルタイムで観れないし、録画を予約するのも面倒です。

しかし、Youtubeは、自分の都合のいい時に、いつでも観れます。なので、自然にYoutubeに移行していったのだと思います。

その後、Amazon Primeを契約して映画やアニメを観るようになったり、テレビ番組をTverを観るようになったりと、完全にテレビから離れるようになりました。


テレビは、テレビ局が電波を流して映像化します。

しかし、今は、単純に映像を映すだけの物として捉えている人がおおいのではないでしょうか。

テレビはゲームやネットの映像を映すものになってきており、テレビを観る物としての役割を終えてきているように思えます。

また、地上波受信機を搭載しているテレビを買うより、受信機を備わっていないモニターを購入する方が安く済むので、テレビを購入する人は減ってきているように思えます。

なので、テレビ局は、テレビの放送電波を流す役目を終えて、コンテンツ制作会社となっていくのではないでしょうか。

そして、『家の屋根にアンテナが無くなる日も近い』のかもしれません。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました