【音楽レビュー】St.Vincent ft. YOSHIKI『New York』を聴いてみた

スポンサーリンク
音楽

2020年8月28日にリリースされたSt.Vincent ft. YOSHIKINew York』を聴いてみたので、レビューしたいと思います。

Youtube St. Vincent – New York ft. Yoshiki (Audio)

St. Vincent – New York ft. Yoshiki (Audio)

まず、St. Vincent(セント・ヴィンセント)について。St. Vincentはグラミー賞で最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバムを受賞したことがある超実力派アーティストです。YOSHIKI側のアプローチでコラボが実現したそうです。

オリジナルの曲を聴くと、映像が奇抜で、力強い印象を受けます。

St. Vincent – New York (Official Video)

今回のYOSHIKIのアレンジを聴くと、優しさと切なさが感じられるような印象を受けます。ストリングスとピアノを聴くと、『YOSHIKIだなあ』と感じますが、曲自体の良さをしっかり引き出しているようにも思えます。

本当に綺麗な曲になっています。何度も聴きたくなるような曲です。

Youtubeでは、オーディオバージョンが公開されていますが、化粧ばっちりしたYOSHIKIとSt.Vincentのセルフィーを取っている映像があるので、おそらくMV(ミュージックビデオ)が撮影されていると思われます。そうであれば、公開されるのが楽しみですね。

このコラボが無ければ、St.Vincentについては、全く皆無でした。このようなコラボを通して、KISSやQueenも世界的に有名ですが、YOSHIKIとコラボが無ければ、おそらく関心も持たなかったと思います。普段聴かないアーティストの楽曲を聴く機会を得られるのは、自分の曲の範囲が拡がります。また、楽曲提供ではなく、アレンジという形でのコラボも楽しみですね。

先週のインタビューでは、色々とプロジェクトが発表されていくらしいのですが、あまり期待せずに待ちたいと思います(笑)。

みなさんは、この曲を聴いて、どう思われましたか。楽しめましたか。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました