X JAPANのニューアルバムにマリリン・マンソンのコラボ曲が入るかもしれないことについて

音楽

こんにちは。

最近、ファンの方々が盛り下がっているようで、私も盛り下がってきています。

盛り下がっている理由として、マリリン・マンソンのコラボ曲がニューアルバムに入るかもしれないという件です。

COSのサイト2018年5月5日)に、YOSHIKIがマンソンとのコラボについて語ったインタビューが掲載されています。下記は抜粋です。

He also reveals that Marilyn Manson, with whom the band recently performed at Coachella, appears on one of the tracks.(彼は最近、バンドがコーチェラで一緒にパフォーマンスをしたマリリンマンソンが(Xのニューアルバムの)1曲に登場することを明らかにしています。)

もちろん、この件は知っていました。

が!!、スルーしていました

どうせ入らないであろうと思っていたからです。

2018年のことなので、およそ2年半前のものです。このインタビューでは、ニューアルバムは2018年の夏の終わり、もしくは秋の初めにリリースになるだろうと伝えてます。もちろん、リリース時期の発言もスルーしていました。

昔のことなので、なんで今頃、気が落ち込むのかというと、マンソンとのコラボを期待している声が多い(Under the sky関係のコメント)ので、もしかして、本当に入れちゃうのかと思えるようになってきたのです。

私としては、YOSHIKIさんのソロでのマンソンとのコラボは大賛成です。但し、Xのニューアルバムの参加は、マジで反対です!!

マンソンが参加するということは、ボーカルで参加するということで、あの大物をコーラスとしては使用しないでしょう。Toshlとツインボーカルのようになると、Xの曲じゃなくなる。

これを新しいXの試みで受け入れようというのであれば、ツインドラマーで別のドラマーを入れるという案は受け入れられるか?受け入れられませんよね?XのドラマーはYOSHIKIさん以外ありえませんから。ボーカルに関してもそう。Toshlさん以外ありえません。

他のバンドのように、アルバムがコンスタントに出ているのなら、こういう企画ものはいいのですが、Xに関しては、曲もリリースされないし、次は最後のアルバムと言ってもいいでしょう。そんな大切なアルバムに企画もの、余計なものは入れて欲しくないです(冷静なファンとしても声を上げたい)。

本当に次は最後のアルバムです。Xが1992年8月24日にニューヨークのロックフェラーで海外進出を発表して始まったXの海外進出の挑戦。その挑戦に幕を閉じるものが最後のアルバムです。

そんな大切なアルバムに、世界的に有名だからと言って、コラボ曲を入れる必要があるのでしょうか。

今一度、考え直してほしい。

マンソンとのコラボは、Xのニューアルバムには入れないで欲しいです。

M-Audio USB MIDIキーボード 61鍵 ピアノ音源ソフト付属 Keystation61 III
M-Audio (エムオーディオ)
セミウェイトの61鍵フルサイズ、ベロシティ対応キーボード マウスやキーボードを使わずにお使いの音楽制作ソフトウェアで演奏/録音/再生可能 USBバスパワー対応、Windows・Macでプラグアンドプレイに対応:ドライバは必要ありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました