リアルゴールド X/Y

音楽

2022年5月10日、コカ・コーラ社とYOSHIKIさんのエナジードリンクの発表会が開かれました。

YOSHIKIさんの重大発表というツイートで期待されていた方も多かったのではないでしょうか。

やはりというか、いつもの重大発表普通の発表でした。

コカ・コーラからリアルゴールドX/Yというドリンクが発売されるだけです。

リアルゴールドというのは、コカ・コーラから発売されているエナジードリンクですが、X/Yという二種類に関しては多少中身が違うのでしょうか?

事前に、リアルゴールドX/Yの情報がリークされていたので、それ以外に何か重大な発表があるのかと思われましたが、何もありませんでした。あくまでドリンクの発表。

記者会見の記事を少しだけ読みましたが、いつも喋っている内容でした。「挑戦し続けるという自分の姿を見せて勇気を与えたい」という内容。楽天モバイルのCMの時のインタビューを思い出しました。おんなじこと言ってる。リアルゴールドの特別な内容はありませんでした。

また、当日午後8時からYoutubeでリアルゴールド発表記念のトークライブがありました。1時間ぐらいのトークライブでしたが、私はEXITというコンビが紹介された時点で観るのを止めました^^;。YOSHIKIさんを持ち上げる、ヨイショの展開という、いつものパターンの内容だと見えたからです。その通りだったみたいですね。

トークライブは観るのを止めましたが、2本のCMはきちんと観ました。以前コラボしたサントリーのコーヒーWANDAのCMを見ているようでした。あれもドラムとピアノバージョンがありましたよね。

観た感想は、

うーーーーーーーんもういいや。です。

ドラム、ピアノを大げさに演奏している姿が、カッコイイとは思えず、悲しく思えてしまいました。

本人が、「どうだ、かっこいいだろう、キレイだろう」というのは痛い程、伝わってきました。ただ、「どこで披露するんしょ?」と思うんですよね。特にドラムは。ディナーショーでドラム叩くのかな。

後は、メイクが凄すぎて、別人に見えてきちゃった。こんな顔してたっけって思う程^^;。

それからCMで使われる曲。

CMに使われる曲は、CM用に書き下ろした新曲とのことでしたが、イマイチでした。ここが一番残念な所。ワンパターンというか新しさを感じなかった。悪くは無いんだけど、滅多に曲を出さないんだし、妥協できないとか言っているんだから、発表する曲はすべての人を魅了する曲にして欲しい。

もう一つ、残念だと思ったのは、ソロで「X」という言葉を使う状況。EXTAVというアプリでの一人X状態を連想してしまいました。バンドのCMであれば、Xという言葉を使っても問題ないですが、ソロでXを使ってくるとね。PATAさんやHEATHさんの存在はもう見えないですね。

今回のリアルゴールドの記事の中には、渡米約30年「いまだに負ける気がしない」という見出しがありました。Xの海外進出を発表して30年経ち、未だにアルバムをリリース出来ないのだから、”勝てる気がしなかった”というのが答えなんですよね。そもそもリリースする挑戦もしなかった。ただ、ファンとしては、30年も経って、もう勝ち負けとかどうでもいいよと思ってしまいます。

因みに、YOSHIKIさんは、2008年に米国で人気の「ROCKSTAR(ロックスター)」というエナジードリンクが日本上陸した際にコラボしています。ただ、現在、日本では販売されていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました