2020年紅白歌合戦 YOSHIKI 『Endless Rain』感想

スポンサーリンク
音楽

2020年もYOSHIKIさんが紅白に出場し、Queenのブライアンメイ、ロジャーテイラー、サラブライトマン、BABYMETAL、LiSA、miletと共に『Endless Rain』を披露する内容でした。

私はリアルタイムでは観ませんでしたが、QueenのオフィシャルYoutubeチャンネルで、放送箇所が公開されていたので、そこで拝見しました。

Brian and Roger mark New Year’s Eve with Sarah Brightman and Yoshiki

どうして『Endless Rain』なんだろうと思いました。詩はかなり暗いし、NGワードが入っていたりと紅白で披露するにはいかがなものかと心配していましたが、NGワードを除いた所の演奏で、希望につながるような曲の雰囲気になっていました。詩は暗いけど、、、。

浜辺で白い衣装でピアノを弾いているシーンを観ましたが、以前、同じようなシーンをどこかで観たことがあったのですが、何だったか憶えていません。因みにYOSHIKIさんは、浜辺でピアノを弾くシーンは多いです。恐らく一番最初は、ロジャーテイラーとコラボした『Foreign Sand』という曲のMVです。Youtubeで検索するとMVが出てくるのでチェックしてみて下さい。

今回の紅白出演については、最近のYOSHIKIさんの動画を見慣れているせいか、感動やワクワクするということはありませんでした。YOSHIKIチャンネルやTwitterアカウントでの情報発信が多すぎると、新鮮さが無くなってワクワク度が減りますね。それとEndless Rainという、よく演奏する曲だったのも理由の一つですね。新曲披露するなら、リアルタイムで観てたと思います。

Twitterでは、感動したという意見が多かったですが、Yahooの紅白の記事には、批判が多かったですね。『Toshlに何故歌わせないのか』、『ソロならばXの曲を演奏しないで欲しい』というような厳しい内容が多かったです。ファンとしては、当然Xとして出演して欲しかったんでしょうね。私としては、いつものことなので、どっちでもいいかな^^;。

ところで、Xとして活動が無い理由の一つとして、YOSHIKIさんがToshlとの契約が出来ていないようです。契約って何?という事になりますが、詳細はわかりませんが、活動内容など合意出来ていないのでしょう。ToshlのページにはX関連の内容は掲載していません。それにしても、契約という言葉が出るのは奇妙ですよね。

私としては、ソロでそれぞれが充実して活動しているならば、それでいいと思います。Toshlが契約しないからXが活動出来ないんだという批判を観ましたが、仮にToshlが契約していたところで、Xの活動があるかというと疑問です。YOSHIKIさんはソロ活動で忙しいので、そこまでXに時間を割くことは出来ないのでしょう。中途半端にXをするようなら、とことんソロ活動に集中して欲しい所です。Xは復活してから、2018年まで十分にXとして活動出来ていたと思います。アルバムが出ないのは、YOSHIKIさんの拘り(こだわり)なので、Toshlが、今契約してようが、おそらく出てないでしょう。

今はToshlがソロで十分に活動しているので、そちらを楽しみたいですね。また洗脳されたという意見もありますが、前回と違い、本当に人生を楽しんで活動されていると見受けられるので、前回のような洗脳されているというのは違うと思います。やはりToshlはToshlなりに、自分の思う道ががあるのだと思います。ファンとしては尊重すべきだと思います。

それにしても、Xでも、ソロでも、新曲を聞きたいですね。YOSHIKIは既存曲、Toshlはカバー(PataとHeathは不明)と新しい曲が出てこないのが残念です。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました