Toshの選んだ道

音楽

EXTAVでToshlさんがX JAPANに所属していないことが明らかになりました。

しかしながら、まだ公式にToshlさんがバンドから居なくなったことについてのアナウンスはありません。

(下記の内容は、あくまで一ファンの個人的な意見なのでご了承お願いいたします。)


Xというバンドと契約しないという理由が、ギャラで合意できていないからという理由が、ファンの周囲で言われていることですが、それだけではないでしょう。

一部のファンから、Toshlさんの身勝手と言われている方もいますが、Xのアルバムのボーカル収録は終了しています。

ボーカリストの責任を果たしています。

Xの過酷なボーカル収録。

YOSHIKIさんのレコーディングは過酷で長時間というのは有名ですよね。

以前、レコーディングでLa Venusと何度も歌ったと発言されていましたよね。

何度もって、想像を超えるものでしょう。

そのボーカル収録を完了させているのです。

やることはやったのだと思います。やること以上のことはやったのだと。

ただアルバムがリリースされなかっただけ。

Wemblyのコンサートにリリースされるはずでしたが、リリースされなかったのはToshlさんの責任ではありません。

YOSHIKIさんの判断。

そして今、アルバムがリリース出来ないのはToshlさんが居ないからと言われる方もいますが、果たしてそうでしょうか。

現状、Toshlさんが在籍していても、今もアルバムはリリースされていないでしょう。

それが事実なんです。

つまり、音源もリリース、コンサートも何もかもYOSHIKIさんの都合というバンドの現状。

Toshlさんとしては、バンドとして公に活躍する場が得られない、ソロで活躍する需要は十二分にあることを考えれば、Xというバンド、YOSHIKIさんの都合に縛られたくないのでしょう。

Toshlさんは56歳。元気に活躍できる時間は無限大ではありません。残りの人生、自分が幸せになるための道を進もうと決心したのではないでしょうか。

そしてその決心が、Xから離れることだったと思います。

一ファンとしては、これが正解だと思います。

先述したように、Toshlさんが今もXに在籍していたとしても、現状は何も変わらないでしょう。そうであれば、Xに束縛されることなく、ソロで活躍して歌声を聴かせて欲しいと思いませんか。

それは、他のメンバーPataさんやHeathさんにも言えること。

今のToshlさんを応援したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました