【FX】2021年12月20日~12月25日 ドル円為替予想

FX

【今週のドル円分析】

今週の主な指標結果

今週の主な指標結果
日付時刻指標前回予想結果
12/14(火) 22:30 生産者物価指数[前月比] +0.6% +0.5% +0.8%
22:30 生産者物価指数[前年比] +8.6% +9.2% +9.6%
12/15(水) 21:00 MBA住宅ローン申請指数[前週比] +2.0% -4.0%
22:30 ニューヨーク連銀製造業景気指数 +30.9 +25.0 +31.9
22:30 小売売上高[前月比] +1.8% +0.8% +0.3%
22:30 小売売上高[除自動車][前月比] +1.8% +0.9% +0.3%
12/16(木) 4:00 FOMC政策金利[上限] 0.25% 0.25% 0.25%
4:00 FOMC政策金利[下限] 0.00% 0.00% 0.00%
4:30 パウエル議長会見 ** ** **
22:30 フィラデルフィア連銀景況指数 +39.0 +29.1 +15.4
22:30 住宅着工件数 150.2万件 156.7万件 167.9万件
22:30 新規失業保険申請件数 18.8万件 20.0万件 20.6万件
22:30 失業保険継続受給者数 199.9万人194.3万人 184.5万人
23:45 製造業PMI 58.3 58.5 57.8

今週の振り返り

ドル円1時間足:2021年12月13日~12月18日

一時114円台に載せましたが、先週に引き続き113円台のレンジが続ました。

FOMC前からテーパリング加速利上げ情報が予測されたことでジリ上げし、FOMCでは114.25円をつける上昇を見せました。しかし、上値が重く、全戻りになり、FOMCで方向性を出すには至りませんでした。

テーパリング終了は2022年3月、2022年の利上げは3回3月には最初の利上げが予想されドル高が継続されると思われましたが、年末ポジション調整で大きな流れにならなかったのではないでしょうか。

意識されるレジスタンス113.8円でサポレジ転換しましたが、全戻りで再びレジスタンスになり、テクニカルで見るにはやりにくかったのではないでしょうか。

30分足 113.8円でのサポレジの動き
今週のレンジ

高値114.256円安値113.141円、終値113.721円
先週より上昇▲(先週:高値113.955円、安値112.791円、終値113.401円)

【来週の為替予想】

来週の主な指標予想

来週の主な指標予想
日付時刻指標前回予想
12/21(火) 0:00 景気先行指標総合指数[前月比] +0.9% +0.8%
22:30 経常収支 -1903億USD -2054億USD
12/22(水) 8:50 日銀金融政策決定会合議事要旨****
22:30 GDP[前期比年率] +2.1% +2.1%
22:30 個人消費[前期比] +1.7% +1.7%
12/23(木) 0:00 中古住宅販売件数 634万件 652万件
0:00 中古住宅販売件数[前月比] +0.8% +2.8%
22:30 耐久財受注[前月比] -0.4% +2.0%
22:30 耐久財受注[除輸送用機器][前月比] +0.5% +0.6%
22:30 個人所得[前月比] +0.5% +0.5%
22:30 個人支出[前月比] +1.3% +0.5%
22:30 新規失業保険申請件数 20.6万件20.3万件
22:30 失業保険継続受給者数 184.5万人
22:30 PCEデフレーター[前年比] +5.0% +5.7%
22:30 PCEコア・デフレーター[前月比] +0.4% +0.4%
22:30 PCEコア・デフレーター[前年比] +4.1% +4.5%
12/24(金) 米国休場:クリスマス****
0:00 新築住宅販売件数 74.5万件 76.9万件
0:00 新築住宅販売件数[前月比] +0.4% +3.2%
0:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 70.4 70.4

来週の為替予想

1.12月24日クリスマスで米国休場。⇒薄商いの可能性。⇒動かない相場の可能性

2.全米でも新種株の拡大。⇒リスクオフ。⇒ドル売りの要因

3.材料の出尽くし感、指標予想は良のものが若干多い程度。⇒レンジの可能性

4.テーパリング加速、2022年利上げ見通し。⇒ドル買いの要因

5.年末に向けてのポジション調整。⇒年越しリスク回避のドル売りの可能性

6.113前半から114前半の継続。⇒レンジの継続

FOMCを受けて、長期的にはドル高の流れですが、材料の出尽くし感、クリスマスウイークとなり、大きく動かないと見ています。

気になる材料としては、新種株の拡大、中国恒大デフォルト問題、ウクライナ情勢リスクオフ要素が多い内容なので、年末に向けてのロングポジション調整の下落があるかもしれません。

来週の予想レンジ

目線:レンジ
高値:114.7円安値:112.5円

ドル円 チャート予想

2021年12月20日~12月25日 ドル円予想 4時間足

黒枠のボックス(114.7円から112.5円)での動きを予想しています。

意識されるレジスタンスして、短期的には113.8円、長期的には114.2円サポートとして113.2円を見ています。

これらのサポレジ変換があれば、一時的な方向性は出るかもしれませんが、FOMC後、クリスマスシーズンなので、大きな動きにはならないと見ています。

現状意識されるレンジ上限のロング、レンジ下限のショートのエントリーは避けた方がいいかもしれません。

Youtube動画

今週の収支はYoutubeに掲載しています。

【MT4・MT5】ABCインジケーター

ABCインジケーターという名前のシリーズでMT4・MT5のインジケーターを作成しています。興味のある方はご利用下さい(無料。メンバー勧誘などありません。安心してご使用下さい。SNSで宣伝してくれると嬉しいです)。まあまあの自信作揃いです。

Twitter

FXに関して呟いています。
是非、Twitterのフォローもお願いいたします。

前回・次回の為替予想

*上記MT4チャートはJFX株式会社のMT4を使用しています。
*指標カレンダーはGMOクリック証券、JFX株式会社を参照しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました