ffmpegでMP4の音量の調整

プログラム

倍数で音量を上げる

ffmpeg input.mp4 -af volume=2 output.mp4

音量を2倍にするコマンドです。input.mp4は入力するファイル、output.mp4は出力するファイル。下げる場合は、0.5などにして下さい。

音量を2倍にしても音声は割れません。

dB(デシベル)で音量を上げる

ffmpeg input.mp4 -af volume=2dB output.mp4

音量を2dB上げるコマンドです。-2dBとすれば、音量を下げることも出来ます。

倍数とdB(デシベル)の関係性は、下記の式で表されます。

Aがデシベル数値、Bが倍数が入ります。

上記の計算は暗算ではできないので、下の計算ツールで確認して下さい。

デシベルを計算
倍数を入力
デシベルdB

倍数とデシベル

倍数dB(デシベル)
10
1020
10040
100060

一番楽な方法 ffmpeg-normalize

ffmpegとは違う実行ファイルで『ffmpeg-normalize』を使うという方法があります。

プログラム言語『PYTHON』をインストールしているパソコンであれば、ffmpeg-normalize をインストールすることが出来ます。

ffmpeg-normalize input.mp4 output.mp4

音量を上げるという訳ではなく、規格内の音量に調整します。音量で差異が出るようであれば、ffmpeg-normalizeで音量をすれば統一することが出来るので、おススメです。

ffmpeg-normalizeに関して、詳しくはこちらを参照にして下さい。

おわりに

音量を上げる時は、上げ過ぎると音が割れてしまう場合があるので、注意して下さい。

プログラム
スポンサーリンク
フォローする
OPTY LIFE(オプティライフ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました