【Javascript】HTML要素を追加する方法

プログラム

こんにちは。
今回はJavascriptを使って空白のページにHTMLタグとその内容を追加するプログラムを作成しようと思います。

スポンサーリンク

タグを作成 document.createElement

Javascriptにはタグを作る為の関数「document.createElement」が用意されています。

下記のコードを書きます。

var element = document.createElement("div") ;
console.log(element);

そうすると、コンソールには下記の通り、変数elementの中身が<div></div>であることが分かります。

「document.createElement」の関数に、作りたいタグ名を記入すれば、前後のタグを作成してくれます。便利ですね。

内容を追加 innerHTML

先ほどはタグだけで、内容はありませんでした。

ここで内容を追加するには「innerHTML」を使用します。

var element = document.createElement("div") ;
element.innerHTML = "test";
console.log(element) ;

コンソールに出力された内容を見ると、<div>のタグの間にtestという文字が追加されているのが分かります。

HTMLページに追加 document.body.appendChild

今までコンソールにタグを表示していましたが、今度はHTMLページに表示させてみます。

HTMLに先ほどのタグを挿入するには、「document.body.appendChild」と言う関数を使用します。

var element = document.createElement("div");
element.innerHTML = "test";
document.body.appendChild(element);
console.log(element);

HTMLページを見るとtestと表示されています。そのままソースコードを見ても<div>test</div>とは見れないので、ChromeのデベロッパーツールのElementsでの表示で確認して下さい。

全ソースファイル

下記が全ソースファイルになります。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <body>
    <script>
      var element = document.createElement("div");
      element.innerHTML = "test";
      document.body.appendChild(element);
      console.log(element);
    </script>
  </body>
</html>

まとめ

いかがだったでしょうか。

タグを挿入する関数「createElement」は便利な関数ですよね。このタグを使えば、ホームページを動的に変更することも出来ます。

是非、色々試してみて下さいね。

役に立った!」と思れましたら、下のSNSボタンで記事のシェアをしていただけると嬉しいです!

JavaScript コードレシピ集
技術評論社
JavaScriptによるWeb開発のための、究極のレシピ集が登場。制作の現場で使われる定番テクニックからプロ技まで余すところなく集めました。基本文法/文字や数値の取り扱い/データの取り扱い/ブラウザーの操作/ユーザーアクション/HTML要素の操作/アニメーション/画像、音声、動画/スマートフォンのセンサーなど、目的別にレシピを整理

コメント

タイトルとURLをコピーしました