【Javascript】 文字列出力の役立つ知識

プログラム

こんにちは。
今回は、私がJavascriptのプログラムで、文字列の処理について最初に知っておけばよかった知識をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

文字列にダブルクオーテーションを含めたい

文字列の出力する際は、下記のように出力したい文字をダブルクオーテーションで囲みます。

Javascript

console.log = "Hello World";

出力結果

Hello World

しかし、文字列の中にダブルクオーテーションを含めたい場合もありますよね。

そういう場合は、シングルクオーテーションで囲みます。

Javascript

console.log = '"Hello" "World"';

出力結果

"Hello" "World"

 

結論として
ダブルクオーテーションを出力したい時は、シングルクオーテーションで囲む。
シングルクオーテーションを出力したい時は、ダブルクオーテーションで囲む。

文字列に改行を含めたい

改行を文字列に含めたい場合は、「\n」を代入します。ちなみに文字列に直接繋げても大丈夫です。

Javascript

console.log = "Hello\nWorld";

出力結果

Hello
World

超便利!変数を含めた出力はバッククォート、${}を使う

変数を含めた文字列を出力させたい時は、全体をバッククォートで囲み変数を${}のドルマークと左右中括弧で囲む非常に便利です。

プラス記号を使って、変数と文字列を出力することも出来ますが、こちらの方が、文字の配列が想像できやすくなっています。

バッククォートは文字が小さいので、シングルクオーテーション「’」と間違えてしまうかもしれませんが、シングルクオーテーションと逆方向の文字「`」です。

一般的に、バッククォートはキーボードの位置ではPの右側にあり、Shiftマークで出力できます。

Javascript

var avalue = 5;

console.log = `avalueは${avalue}です';

出力結果

avalueは5です

中括弧、タブを出力する場合はunicodeで出力

CSS形式を扱う場合、{}(中括弧)、tab(タブ)を出力させたい事がありますよね。

しかし、そのまま使うと、中括弧の場合はエラーになり、タブは出力できますが、何回タブを入れたのか管理するのが難しくなります。

そこで、{}(中括弧)、tab(タブ)を出力させる時には、unicode(ユニコード)を使用します。

記号unicode
{\u007B
}\u007D
tab\u0009

Javascript

console.log("左中括弧 \u007B 右中括弧\u007D タブ1\u0009タブ2");

出力結果

左中括弧{ 右中括弧} タブ1	タブ2

タブの出力は、当記事では分かりにくいですが、きちんと出力されるので安心して下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。

意外と知らない事が多かったのではないでしょうか。

みなさんのJavascriptのスキルの向上に少しでも繋がれば嬉しいです。

役に立った!」と思れましたら、下のSNSボタンで記事のシェアをしていただけると嬉しいです!

JavaScript コードレシピ集
技術評論社
JavaScriptによるWeb開発のための、究極のレシピ集が登場。制作の現場で使われる定番テクニックからプロ技まで余すところなく集めました。基本文法/文字や数値の取り扱い/データの取り扱い/ブラウザーの操作/ユーザーアクション/HTML要素の操作/アニメーション/画像、音声、動画/スマートフォンのセンサーなど、目的別にレシピを整理

コメント

タイトルとURLをコピーしました