【FX】ボックスを使って時間幅・Pips数表示『ABC-CheckBox』【MT4】

スポンサーリンク
FX

ボックスを使って、時間幅・Pips数を表示させる『ABC-CheckBox』を作成しました。

スポンサーリンク

使用用途について

ABC-Check

上記の通り、四角の図形で、『横幅=時間幅』を上部に、『縦幅=pips数』を下部に表示させます。

使用用途の一つとして、動いているPips数の目安とすることが出来ます。チャートのサイズを固定しなければ、チャートの縦幅は常に変わります。大きく動いているように見えても、少ししか動いていない時もあります。その為、常に固定したPipsの目安としてABC-Checkを置いておけば、価格が変動のおよその幅を知ることが出来ます。

目安として

もう一つの使い方として、値幅の範囲を計測することが出来ます。知りたい範囲にABC-Checkを調整すれば、下記のようにpips数、時間幅を知ることが出来ます。

動いた範囲の計測

ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ" | 及川圭哉 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで及川圭哉のガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ"。アマゾンならポイント還元本が多数。及川圭哉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ"もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

設定

設定画面

最初に設定して欲しいのは、『pips桁調整』です。下側がpips表示になります。四角形の上から下までの値の差を表示させています。pips桁調整が1であれば、値の差がそのまま表示されます(下図)。ドル円の場合、pips数は値の差の100倍になるので、『ドル円・ユーロ円・ポンド円(100倍)』を選んで下さい。他の通貨の場合は、それぞれの倍率にあったものを選択して下さい。

1倍の時

塗りつぶし設定では、塗りつぶしを無効に出来ます。お好みに合わせて設定して下さい。

括弧内の数字等は、デフォルトの値です。

使い方と制限

使い方

ABC-CheckはMT4の四角形のRectangle(長方形)の機能を使っています。

長方形の幅を変えるときは、四角形をダブルクリックして編集が有効になるようにして下さい。真ん中と周囲に点が見えると幅を変更できます(左)、右のように真ん中と周囲の点が無い場合は、変更できません。

左:操作可能、右:操作不可能

また、図形を動かしたい時は、真ん中の点をドラッグさせて下さい。

制限

図形のプロパティでの編集はリセットされる

ABC-Checkの表示色は『表示中のライン等リスト』の編集画面でも可能ですが、インジケータの設定画面を開くと、インジケータの設定が優先されて、表示色は変更されます。色の編集は、インジケータの設定画面で行ってください。

時間が経過すると動く

ABC-Checkの配置場所はその時のチャートの時間にリンクされます。その為、時間経過すると、チャートがシフトしていきますが、同時にABC-Checkもシフトしていきます。

チャートの一定の場所に固定することは出来ませんので、適宜、動かしてください。

また、ABC-Checkをチャート上で見つけられなければ、インジケータの設定を開いて『OK』をすると、初期の位置に表示されます。

ダウンロード先

注意事項:利用によって損害が生じてもサイト管理人は責任を負いませんので、全て自己責任でお願い致します。 

更新履歴

2021/1/12 version1.0 リリース

【その他のABCインジケーターシリーズはこちら⇒ABCインジケーター

【MT4】ABCインジケーター 一覧 ~無料だけど自信作です~
作成したMT4用のインジケーターの一覧です。興味のある方はご利用ください。「こんなインジケーターがあればいいな」と思うものがありましたら連絡下さい。簡単なものなら作ってみようと思います。インジケー...

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました