【英語学習】Youtubeの再生速度を変更する

スポンサーリンク
英語

来年のTOEICに向けて英語の勉強に励んでいます。7年以上受験していないので、参考書を見ても、忘れている所が多いです。

今日はリスニングの勉強の話です。リスニングの勉強の教材としてYoutubeを利用しています。どういうチャンネルを見ているかというと、英語圏の方が英語で教える英語の勉強チャンネルが主です。日本人が教える英語チャンネルも見ますが、やはりレベルを上げる為にも、全部英語で勉強した方がレベルアップの為にもいいかなと思っています。

英語を教えてくれるチャンネルでは、英語を勉強してくれる人へ向けているので、丁寧にゆっくり喋ってくれているような気がします。ただ、このゆっくりした速度に慣れてしまうといけないので、1.2から1.5に速度を上げて聴くようにしています。

スポンサーリンク

Youtubeの速度の変更の仕方

Youtubeの画面の右下の歯車マークをクリックします。

設定メニューが開きます。再生速度標準をクリックして下さい。

再生速度0.25倍から2倍まで変更することが出来ます。少し遅いと感じたら、1.25倍から1.5倍に変更してみて下さい。それで再生すると再生速度が変更されます。

まとめ

実際の会話では早口でしゃべる人がいます。TOEICでのリスニングは早口ではありませんが、早口で聴くの慣れていれば、試験や実際の会話での聴き取りに余裕が出来て、聴きやすくなると思います。逆に、まだリスニングに慣れていない人は、再生速度を遅くしてみたらいいと思います。重要な事は、話している単語を聴き取れるようになることです。

私の場合は、何度も何度も同じ動画を繰り返して聴くようにしています。そうすると、徐々に話している単語が聴きとれるようになってきますし、言葉が身に付いてきます。そして、番組のセリフが頭にある程度入ってしまうまで聞いたら、新しい番組に切り替えています。

カタカナ英語の発音が未だに頭にあるので、それを完全に払しょくすることは出来ませんが、継続して勉強することで、本物のリスニング力がついてくればと思っています。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました