無料のオフィスソフトならどれを選ぶ?

スポンサーリンク
アプリ

会社や学校で使われているオフィスソフトはMicrosoft Officeが定番です。

しかし、Microsoft Officeはお金がかかるというのがネックです。

そこで、お金を掛けたくない人におススメしたいのが、Microsoft Officeと互換のある無料のオフィスソフトです。

Microsoft Officeと機能的に、引けを取らないのに、無料というのは、使わない理由はありませんよね。今回は、無料のオフィスソフトについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Apache OpenOffice

Apache OpenOffice

最初に紹介したのは、無料のオフィスソフトして老舗のApache OpenOfficeです。

基本的には、アパッチを省いた、オープンオフィスと呼ばれています。

恐らく一番最初の無料のオフィスソフトだと思います。昔からあるという意味で、信頼性もあり、無料ソフトして一番ユーザーが多いのではないでしょうか。

ユーザーが多いことで、分からないことがあっても検索をすれば解決する事が多いです。

文書、表計算、プレゼンテーション以外にも、描画ソフト、数式ソフトがあります

描画ソフトはVisioまでは行きませんが、簡単な図を作成出来ます。

数式ソフトは単体で使うというより、文書ソフトと組み合わせて、Texのような使い方が出来ます。

私が一番初めに無料ソフトとして使用したのがOpenOfficeです。私が使っていたのは、相当昔で、今まで、複数の会社、団体に引き継がれ、今はApacheという団体に引き継がれています。

Apache OpenOfficeのホームページはこちらです。

LibreOffice

次に紹介するのはLibreOfficeです。

リーブルオフィスと言われています。フランス語のLibre=自由という単語が使われています。

これはOpenOfficeを開発していた人たちが元になって出来た派生ソフトです。先述しましたように、OpenOfficeは色々な団体に引き継がれており、その際に、開発チームが離れたという経緯があります。

そういった意味で、OpenOffice並みに機能面に信頼性があります。また、OpenOfficeを改善しているとも言われています。

LibreOfficeが出来たのはOpenOfficeよりも後になりますが、現在ではユーザー数も多いので、分からないことがあれば、検索で探すことが出来ます。

OpenOffice同様、文書、表計算、プレゼンテーション以外にも、描画ソフト、数式ソフトがあります。機能的にはOpenOfficeと同様です。

このホームページをご覧になってくれている方ならご存知だと思いますが、私はLibreOfficeのユーザーです。なぜ、OpenOfficeではなく、LibreOfficeを選んでいるかというのは、機能的にはどちらも同じだと思うのですが、LibreOfficeの方が、柔軟性があるような印象を受けます。今までの使用で、気になったことはありません。後は、ロゴが好きな所でしょうか。

LibreOfficeのホームページはこちらです。

Googleアプリ

Google

GoogleにもMicrosoft Officeに対応しているアプリがあり、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションは、ワード、エクセル、パワーポイントに対応しています。

Googleの特徴として、パソコンにソフトウェアをインストールすることなく、ウェブブラウザ(ChromeやFirefox等)を通して、ネットワーク上で書類を作成することが出来ます。

パソコンを変更したとしても、グーグルでログインすれば、書類にアクセスすることが出来るのは便利です。ネットワークの機能上、他のユーザーと共同で書類作成をすることも出来ます。

また、グーグルが管理しているということで、サーバーの不具合などは、パソコンの故障の可能性よりも低いと思わるので、安心して使えると思います。

ただ、パソコンにインストールしたソフトではないので、他のオフィスソフトに比べて、操作に制限があるの点と、ネットワークを通すので、若干操作が遅くなってしまう点があります。

私はGoogleのオフィスも使用していますが、負荷のかからないような家計簿やメモ代わりとして使っています。簡単な書類作成は、グーグルで十分な気がします。

Googleアプリの好きな点として、OpenOffice、LibreOfficeのファイルも読み込んでくれる点です。Microsoftだけじゃなく、無料のオフィスソフトも読み込んでくれるので、移行を考えられる方にはいい選択肢かもしれません。

グーグルのアプリを使う場合は、グーグルのアカウントがあれば出来ます。アプリの中で、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションのアプリを探してください。

FreeOffice

FreeOffice

最後に紹介するのが、FreeOffice(フリーオフィス)です。

OpenOffice, LibreOfficeと違い、描画ソフト、数式ソフトはありませんが、ワード、エクセル、パワーポイントに対応にしています。

知名度は上記のソフトに比べてありませんが、ソフトウェアの更新は頻繁にしているので安心して使用できると思います。

また、Linux版もあることから、信頼性が高まりますよね。

上記のソフトに物足りないと思われましたら、試しに使用してみてはいかがでしょうか。

FreeOfficeのホームページはこちらです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

私のパソコンにもMicrosoft Officeがインストールされていますが、LibreOfficeを使うようにしています。

というのも、LibreOfficeは無料なので、将来的に完全にMicrosoft Officeを使わなくなっても不自由しなくなるからです。LibreOfficeだけはなく、上記のフリーソフトはMicrosoft Officeの形式でも保存出来るので、ファイルのやり取りが発生しても、相手側で読み取れないという問題が発生しません。

無料のオフィスソフトを使用されたことがなければ、最初は不安に思うかもしれませんが、機能的には遜色ないので、是非試してみてはいかがでしょうか。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました