【節約】自然の空気清浄機 観葉植物ポトス – 育て方、マイナスイオン

スポンサーリンク
節約アイデア

日本の夏は暑いですよね。場所によっては、気温が40度近くなるところあります。

そんな暑い日に、涼しくなるアイテムがあればいいと思いませんか。観葉植物の『ポトス』があれば、暑い夏を少しでも快適に過ごせるかもしれません。

ポトスはストレスを軽減するマイナスイオンを発生し空気をきれいにする観葉植物して有名です。

お店やオフィスビルの中で飾られているのを、ご覧になったことはありませんか。色々な観葉植物がある中で、ポトスがよく置かれています。また、ホームセンターの園芸売り場でもよく売られています。それだけ観葉植物の中でも人気があるんですよね。

スポンサーリンク

ポトスの育て方

ポトスの育て方は簡単です。

温度管理 – 冬場は室温で越冬できる

一般的に、観葉植物は暑い季節に適しています。40度であっても問題ありません。また、冬場に関しても、ポトスは問題ありません。ただし、冬場は屋外に置いたりせず、室内で育ててください。室内なら4度、5度でも越冬出来ます。

日に当てる – 緑の植物は太陽の光が必要

ポトスは丈夫な植物ですが、太陽の光は最低限必要になります。室内で育てるにしても、定期的に、日に当てる必要があります。日に当てれば、成長も早くなり、空気清浄がさらに期待できます。

土要らず – 水挿しで育てられる

植物を育てるときに、土に埋めて育てるのが一般的ですが、ポトスは水に根を挿しておくだけでも育てることができます。

ポトスの根のついている所から切り取って、コップに水を入れて挿しておくだけで、簡単に育ちます。お手軽ですよね

水遣り – 冬場の水遣りは控える

ポトスは週に1回ぐらいの水遣りでも十分です。

夏場は毎日水遣りもしても問題はありませんが、冬場に関しては、土が乾いてきたら、水をあげて下さい。冬場に土植えのポトスに水遣りをしすぎてしまうと、根腐れになってしまうかもしれません。私の場合、冬場は月に2回程度の水遣りをしています。

水挿しのポトスは水に挿してあるので水遣り不要ですね。

結論としては、ポトスは世話がかからないので、気付いたら水を上げる程度でいいと思います。

葉を定期的に拭く、定期的に外に出す – 空気清浄を効果良くする為

室内にずっと置いておくと、埃が葉についてしまいます。葉の上の埃を定期的に拭き掃除することをお勧めします。また、それが面倒であれば、定期的に外に出して、水やりを葉に当てるようにしてあげると、葉の掃除にもなります。自然の風で埃が取れます。

剪定 – 夏場はよく育ちます

暑い時期の成長は速いです。葉が伸びてきて、邪魔になってきたら、定期的に剪定してあげることをお勧めします。

増やし方 – 簡単に増やせます

剪定する時に、根のあるポトスを切り取ります。それを土や水に挿しておくだけで簡単に増やすことが出来ます。切り取った際は、直射日光はさせ、日陰程度(少し日光が当たる程度、暗闇はダメです)の場所に置き、根が付くまで成長するまで育てて下さい。

友だちにあげると喜ばれるかもしれませんね。

まとめ – 初心者でも十分育てられる

ポトスは、ストレスを軽減させるマイナスイオンを発生させ、空気をきれいにしてくれる自然の空気清浄機です。電気は必要ありません。

また、初めて植物を育てられる方にはとっておきの植物です。世話要らずなので、一人暮らしの方にも心配なく育てることができます。

ポトスを購入される際は、一番、安価なものを購入されることをおススメします。自分で簡単に大きく育てることができます。最初から大きなものを購入すると、育てる楽しみがなくなります。すぐに大きく育っていきますので心配しないでください。

ポトスで快適に過ごしませんか。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました