【これ一冊で十分】確定申告の書き方の本を参考にしよう

ビジネス本

確定申告をする為に、本を買いました。

ダイヤモンド社の「いちばんわかりやすい確定申告の書き方 令和2年3月16日締切分」です。書店に行って、2020年度分のものを探すと、同じような本が何種類かありました。値段も同じで、どれを選ぼうかなと思いましたが、表紙が解り易そうなものを選んでこれになりました。ただ、ほとんど差異はありません。

私の場合、2019年の4月に会社を辞めて、その後は再就職をしていません。その為、自分で確定申告をしなければなりません。脱サラして、一番心配していたのが確定申告だったんですよね。会社に勤めていないと、自分で確定申告をして、納税をしなければなりません。納税をしていないと脱税になってしまい、罰金として通常より多くの税金を払う羽目になってしまいます。もちろん、そういった意図がないので、納税はしたいのですが、確定申告のやり方が解らないんですよね。ということで、この本を購入しました。

私の場合、4月までの会社からの給料、バイトの給料、FXの収支、株の配当金、予備自衛隊の手当てがあります。この本では、副業での確定申告のやり方が詳しく書かれています。

面白いなと思ったことは、他の確定申告の本も含めてなのですが、FX仮想通貨の事が書かれていることです。やはり、投資している人が多いんですね。また、私と同じように、納税方法に悩んでしまう人が多いというのも予想できます。誰も脱税したいなんて思っていなくて、納税の方法が簡単ではないっていうだけなんですよね。

今年度からふるさと納税のルールに関して、変更されています。政府の指定の地域以外では納税ではなく、寄付になってしまうらしいので、気を付けて下さい。

確定申告を一人でするのは大変な気もしますが、このような本を読めば、確定申告の仕方がわかりやすく記載されているので、簡単に確定申告を書くことが出来ると思います。確定申告の書き方については、複数の種類の本が販売されていますが、値段も中身は同じような感じです。また、どれも「売上No1」って書いてるところも一緒ですね^^;。なので、どの本を選んでも失敗は無いと思います。私がこの本を選んだのは、表紙の文字が解りやすかったところでしょうか。

確定申告書は2020年1月6日から税務署に設置されます。2020年から準備すると時間が足りなくなってしまうので、今の時期から準備されることをおススメします。

国税庁の所得税の確定申告のホームページはこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました