楽天モバイル x mineo(マイネオ)の組み合わせがコスパ最強

節約アイデア

こんにちは。

今回は楽天モバイルとmineo(マイネオ)の組み合わせがコスパ最強について説明したいと思います。楽天モバイルと他社SIMの組み合わせを考えられる方の参考になればと思います。

楽天モバイルのスペック

まずは、楽天モバイルについて改めて確認したいと思います。

  • 国内通話、SMS送信が無料
  • 1GBまでのデータ使用量なら月額ゼロ円(ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料の4円を除く)
  • 開通エリアが大手3社より狭い

国内通話、SMS通話が無料ということで、これ以上のサービスは楽天モバイル以外にありません。これだけで楽天モバイルを選択するという方もいると思います。

次にデータ使用量が1GB未満なら月額費用は無料になります。1GB未満で無料というサービスも、他社ではないサービスです。しかし、1GB以上になると、980円、3GB以上になると1980円、10GB以上になると2980円と費用負担が増えるという心配があります。

最後に開通エリア。徐々に開通エリアは拡大していますが、一部のエリアではパートナー回線(AUの回線)や開通していないところもあります。楽天モバイルを選ぶ上で一番ネックになるところです。

mineoが楽天モバイルの弱点をカバー

楽天モバイルの弱点をカバーできる一番のSIMというのがmineo(マイネオ)になると見ています。

楽天モバイルの1GB未満データの解決

mineoにはパケット放題 Plusというオプションサービスがあります。最大速度1.5Mbpsという速度制限がありますが、データ通信が使い放題なんです(但し3日で10GB以上使用すると速度制限されます)。

パケット放題 Plus(mineo HPより)

なので、楽天モバイルのデータ通信を使うのではなく、mineoのデータ通信を使えば、楽天モバイルのデータ使用量が0GBになるので、月額費用はゼロ円になります。

最大1.5Mbpsという速度は大丈夫か?

最大速度が1.5Mbpsなので、若干遅くなることもあります。しかし、これぐらいの速度であれば、LINE通話は問題ないでしょう。またRakuten Linkでの通話も大丈夫と言われています。

1.5Mbpsでの使い心地(mineo HPより)

通話エリアの問題

mineoではドコモ、AU、ソフトバンクと回線を選択することが出来ます。

つまり、mineoがあれば、楽天モバイルの未開通エリアもカバーできるということになるのです。

回線を選ぶポイントとして、楽天モバイルはAUのエリアをパートナー回線として使えるので、AU以外の回線を選ぶといいでしょう。個人的はドコモの回線がいいと思います。

楽天開通エリア外では、電波が届かない、電話が着信出来ないという心配もあるかもしれませんが、データ通信ができる状況(Wif環境下、mineoが受信可能状態)であれば、Rakuten Linkで着信することが出来ます。なので、常にRakuten Linkのアプリを開いた状態にしておくのが重要です。

費用について

mineoのどのサービスを選択するかについては、1GBシングルプラン(880円)+パケット放題(385円)=合計1,265円がいいと思います。

電話の着信は楽天モバイルでするので、シングルプラン(データ通信のみ、電話なし)で構いません。

1GB、3GBとありますが、これらの容量は高速通信できる容量です。パケット放題 plus(低速:最大1.5Mbps)にするので、1GBを選ぶと一番安く抑えることが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Amazonで申し込めば契約事務手数料3,300円が無料になるので、お得です。送料の380円のみの負担(2021年11月現在)になります。また、マイネオは解約手数料はいらないので、安心です。

楽天モバイルと合わせるSIMとして、マイネオを検討されてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました