楽天モバイル 使ってみても損はないケース

節約アイデア

今回はこういう方が楽天モバイルを使ったらお得というケースを紹介したいと思います。

楽天モバイルを使って得するケース

まず、今のスマホがデュアルタイプ、もしくは不要なスマホをお持ちでしょうか?

そして、それらのスマホはAndroid9以降でしょうか。

もしそうであれば、楽天モバイルに入ることをおススメします。

結論としては、楽天モバイルをサブで使用できる環境をお持ちであれば、楽天モバイルでお得になるかもしれないということです。

どうしてサブとして使つかうのか?

現状、楽天モバイルは開通エリアが狭く、郊外では電波が入らないという場合があります。

また、iphoneでの着信出来ない問題(現在は対応済とのこと)、Rakuten Linkというアプリを使って電話をすると電話番号が表示されないなど、使用上で困ることがあります。

なので、メインとして楽天モバイルを使ってしまうと、肝心な時に使えないという事態になってしまう場合があるので、サブとして使用するべきなのです。

サブとしての月額料金

楽天モバイル料金(2022年1月現在)

楽天モバイルが提供している唯一の料金プラン Rakuten UN-LIMIT VIではデータ使用量1GB未満であれば、月額費用が4円で済みます。

この4円というのはユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料で、どのスマホ会社でも発生する費用です。詳しくはこちらをご覧ください⇒楽天モバイル:【重要】ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料について

なので、年間費用は 4円 x 12か月で合計 48円(2022年1月現在)になります。

ただ、節約志向の方には48円でも高いと思われるかもしれませんが、それをカバーできると思わせるのがRakuten Linkでの電話、SMS送信なのです。

電話とSMS送信が無料になる

楽天モバイルといえば、電話やSMS送信が無料ですよね。

例えば、問い合わせの電話をかけたとしたら、おそらく最低でも3分ぐらいは通話していると思います。

スマホの格安通話料は30秒10円ぐらいだと思います。3分通話したら60円かかりますが、楽天モバイルの場合は通話費用は掛かりません。

年間費用の48円を差し引いても、楽天モバイルで電話した方が得なのです。

ただし、これは、楽天モバイル独自のRakuten Linkというアプリを使うという制限がありますので、注意して下さい。先述したAndroid9以降というのは、Rakuten LinkがAndroid9以降に対応しているということなので、それ以前のAndroidの場合だと、無料通話が出来ません。

電話を気兼ねなく出来る

問い合わせやお店の予約などをスマホで電話すると、通話料金が気になって出来ないと思われる方は多いと思います。

しかし、楽天モバイルであれば、無料なので気兼ねなく電話することが出来ます。

特に、問い合わせで電話する時は、時間が掛かって待たされることが多いですが、無料通話なので、料金を気にすることなく待っていられますよね

電話番号通知が出来ないのを割り切る

スマホがWifiに接続されている状態で、Rakuten Linkで電話をかけると、相手側に電話番号が通知されません。非通知状態で電話がかかります。

これに対して不満と思われる方もいるのではないでしょうか。

ただ、これは割り切るべきだと思います。

あくまで楽天モバイルはサブです。

電話番号が通知されなくても構わない、問い合わせなどで主に使うといいと思います。

問い合わせであれば、相手側が会社やお店なので、非通知でかかってきても電話は出てくれます

私の住んでいるエリアは楽天モバイル開通エリアなのですが、問い合わせで電話をかける時は、Wifiに接続したまま電話をしています。相手側には非通知になっていますが、電話を取ってくれないというのは今までにはありません。

また、Wifiは光回線に繋がっているので、Rakuten Linkを安定的に使うことが出来ます。お住まいが楽天エリアじゃなければ、自宅のWifiを通してRakuten Linkの電話をすればいいのではないでしょうか。

おわりに

現状では楽天モバイルをメインでは使うのは厳しいです。あくまでサブとして使うということです。

サブですが、電話料金、SMS送信を無料に出来る最強サブです。

データ量を1GBを超過すると、月額費用(3GBまで1078円)がかかってくるので注意する必要があります。

また、今後、楽天モバイル専用のメールアドレスやRakuten Linkのパソコン版などが期待されており、他の3大通信業者より便利になるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました