【FX】2022年4月11日~4月16日 ドル円為替予想

FX

【今週のドル円分析】

今週の主な指標結果

今週の主な指標結果
日付時刻指標前回予想結果
4/4(月) 23:00 耐久財受注[前月比] -2.2% -2.2% -2.1%
23:00 耐久財受注[除輸送用機器][前月比] -0.6% -0.6% -0.6%
23:00 製造業受注指数[前月比] +1.5% -0.6% -0.5%
4/5(火) 21:30 貿易収支 -892億USD -885億USD -892億USD
22:45 非製造業PMI 58.9 58.9 58.0
22:45 総合PMI 58.5 58.5 57.7
23:00 ISM非製造業景況指数[総合] 56.5 58.5 58.3
23:05 ブレイナードFRB理事討論会参加******
4/7(木) 3:00 FOMC議事録公表[3月15-16日分]******
21:30 新規失業保険申請件数 17.1万件 20.0万件 16.6万件
21:30 失業保険継続受給者数 150.6万人 130.2万人 152.3万人

今週の振り返り

ドル円1時間足:2022年4月4日~4月9日

今週もドルの勢いが収まらず、再び124円に乗せ、ロングエントリーをしていれば勝てる週でした。

4月5日深夜の超ハト派で有名なブレイナード氏が、5月からバランスシートを縮小する可能性について発言した為、 122円でレンジの動きから123.6円付近まで上昇しました。

また翌日の4月6日の東京時間には124円に乗せませした。

4月7日のFOMC議事録では大きく動きませんでしたが、週末にかけ米国長期金利が2.7%台まで上昇したことから、ドル円が続伸し、124.6円まで上昇をしました。

ドルが売られるタイミングが何度かありましたが、急激な下落や下ヒゲだったので、エントリーが難しかったのではないでしょうか。

15分足:急激な下落や下ヒゲ
今週のレンジ

高値124.67円安値122.26円、終値124.29円
先週より上昇(先週:高値125.11円、安値121.27円、終値122.47円)

【来週の為替予想】

来週の主な指標予想

来週の主な指標予想
日付時刻指標前回予想
4/12(火) 21:30 消費者物価指数[前月比] +0.8% +1.2%
21:30 消費者物価指数[前年比] +7.9% +8.4%
21:30 消費者物価指数[コア][前月比] +0.5% +0.5%
21:30 消費者物価指数[コア][前年比] +6.4% +6.6%
4/13(水) 1:10 ブレイナードFRB理事イベント参加****
3:00 財政収支 -2166億USD -1855億USD
15:15 黒田日銀総裁講演****
21:30 生産者物価指数[前月比] +0.8% +1.1%
21:30 生産者物価指数[前年比] +10.0% +10.6%
21:30 生産者物価指数[コア][前月比] +0.2% +0.5%
21:30 生産者物価指数[コア][前年比] +8.4% +8.4%
4/14(木) 21:30 小売売上高[前月比] +0.3% +0.6%
21:30 小売売上高[除自動車][前月比] +0.2% +1.0%
21:30 新規失業保険申請件数 16.6万件 17.3万件
21:30 失業保険継続受給者数 152.3万人 150.0万人
4/15(金) 米国欧州休場 聖金曜日****
21:30 NY連銀製造業景気指数 -11.8 +1.0
22:15 鉱工業生産[前月比] +0.5% +0.4%

来週の為替予想

1.米国長期10年長期金利2.7台ドル買いの要因

2.消費者物価指数、生産者物価指数など指標予想は良なものが多い。⇒ドル買いの要因

3.4月13日ブレイナードFRB理事発言機会。⇒再びタカ派の発言があれば、ドル買いの要因

4.4月13日黒田総裁の発言機会。⇒円安容認発言であれば、円売りの要因

5.日本のロシア追加制裁のおける影響。⇒リスクオフ、有事のドル買い

ドルが売られる要因が見当たりません。

ドル円が上がる一番の理由としては米国と日本との金利差になります。

また、125円が黒田ラインと言われていますが、『円安は日本経済にプラス』という日銀の発言が続いているので、125円を超えたとしても、まだ為替介入はないのではないでしょうか。

来週の指標予想は大幅にいいので、さらにドル買いに進むのではないでしょうか。

来週の予想レンジ

目線:上目線
高値:127.1円安値:122.4円

ドル円 チャート予想

2022年4月11日~4月16日 ドル円予想 4時間足

黒枠のボックス(127.1円から122.4円)での動きを予想しています。

127円と異次元の値になっています。ただ、調整しか下げる要因が無く、長期金利も上がり指標予想も高いので、125円(黒田ライン)は超えてくるのではないでしょうか。

またポジション比率もショートの方が多いので、ショートのロスカットで上昇していくに見えます。

125.1円がレジスタンスになり、下落したともして122.4円付近までぐらいでしょうか。

【MT4・MT5】ABCインジケーター

ABCインジケーターという名前のシリーズでMT4・MT5のインジケーターを作成しています。興味のある方はご利用下さい(無料。メンバー勧誘などありません。安心してご使用下さい。SNSで宣伝してくれると嬉しいです)。まあまあの自信作揃いです。

Twitter

FXに関して呟いています。
是非、Twitterのフォローもお願いいたします。

前回・次回の為替予想

*上記MT4チャートはJFX株式会社のMT4を使用しています。
*指標カレンダーはGMOクリック証券、JFX株式会社を参照しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました