【FX】2023年8月7日~8月12日 ドル円為替予想

FX

【今週のドル円分析】

今週の主な指標結果

今週の主な指標結果
日付時刻指標前回予想結果
7/31(月) 22:45 シカゴ購買部協会景気指数 41.5 43.4 42.8
8/1(火) 22:45 製造業PMI 49.0 49.0 49.0
23:00 ISM製造業景況指数 46.0 46.8 46.4
23:00 建設支出(前月比) 0.9% 0.6% 0.5%
23:00 JOLT労働調査[求人件数] 982.4万件 961.0万件 958.2万件
8/2(水) 21:15 ADP雇用統計 45.5万人 18.9万人 32.4万人
8/3(木) 21:30 新規失業保険申請件数 22.1万件 22.5万件 22.7万件
21:30 失業保険継続受給者数 167.9万人 170.0万人 170.0万人
21:30 単位労働コスト(前期比年率) 3.3% 2.5% 1.6%
21:30 非農業部門労働生産性(前期比) -1.2% 2.3% 3.7%
22:45 非製造業PMI 52.4 52.4 52.3
22:45 総合PMI 52.0 52.0
23:00 ISM非製造業景況指数(総合) 53.9 53.0 52.7
23:00 製造業新規受注(前月比) 0.4% 2.2% 2.3%
8/4(金) 21:30 非農業部門雇用者数 18.5万人 20.0万人 18.7万人
21:30 失業率 3.6% 3.6% 3.5%
21:30 平均時給(前月比) 0.4% 0.3% 0.4%
21:30 平均時給(前年比) 4.4% 4.2% 4.4%

今週の振り返り

ドル円1時間足:2023年7月31日~8月5日

先週の植田総裁の発言の長期金利0.5%の上限超え容認で円高に動くと見られましたが、先週の高値付近142円でレジサポ転換後、143.8円まで伸びる結果となりました。

注目されたADP雇用統計では予想よりも大きく上げましたが、非農業部門雇用者数では予想より減となっております。金曜日に大きく下げることになりましたが、雇用関係では悪くない数字ではないでしょうか。

今週のレンジ

高値143.88円安値140.69円、終値141.77円
先週より上昇(先週:高値141.81円、安値138.05円、終値141.12円)

【来週の為替予想】

来週の主な指標予想

来週の主な指標予想
日付時刻指標前回予想
8/7(月) 28:00 消費者信用残高(前月比) 72.4億ドル 130.0億ドル
8/8(火) 21:30 貿易収支 -690億ドル -650億ドル
23:00 卸売売上高(前月比) -0.2% -0.1%
8/10(木) 21:30 消費者物価指数(前月比) 0.2% 0.2%
21:30 消費者物価指数(前年比) 3.0% 3.3%
21:30 消費者物価指数コア(前月比) 0.2% 0.2%
21:30 消費者物価指数コア(前年比) 4.8% 4.8%
21:30 新規失業保険申請件数 22.7万件 23.0万件
21:30 失業保険継続受給者数 170.0万人
27:00 月次財政収支 -2280億ドル -950億ドル
8/11(金) 21:30 生産者物価指数(前月比) 0.1% 0.2%
21:30 生産者物価指数(前年比) 0.1% 0.7%
21:30 生産者物価指数コア(前月比) 0.1% 0.2%
21:30 生産者物価指数コア(前年比) 2.4% 2.3%
23:00 ミシガン大学消費者態度指数・速報値 71.6 71.5

来週の為替予想

◆ ADP雇用統計、非農業部門雇用者数 結果は通常通り。ドル買いの要因

◆ 消費者物価詞指数、生産者物価詞指数予想共に前回と変化なし。⇒ドル買いの要因

◆ 植田総裁 長期金利 0.5%の上限超え容認も円高方向限定的。⇒底堅い状況

来週の予想レンジ

目線:上昇
高値:145.0円安値:140.2円

ドル円 チャート予想

2023年8月7日~8月12日 ドル円予想 4時間足

黒枠のボックス(145.0円から140.2円)での動きを予想しています。

9月FOMCまで政策金利については二転三転となると見られますが、政策金利を上げる可能性がある分、ドル買いの流れが続くのではないでしょうか。

 

【MT4・MT5】ABCインジケーター

ABCインジケーターという名前のシリーズでMT4・MT5のインジケーターを作成しています。興味のある方はご利用下さい(無料。メンバー勧誘などありません。安心してご使用下さい。SNSで宣伝してくれると嬉しいです)。まあまあの自信作揃いです。

Twitter

FXに関して呟いています。
是非、Twitterのフォローもお願いいたします。

前回・次回の為替予想

*上記MT4チャートはJFX株式会社のMT4を使用しています。
*指標カレンダーはJFX株式会社を参照しています。

FX
スポンサーリンク
フォローする
OPTY LIFE(オプティライフ)
タイトルとURLをコピーしました