【FX】2022年3月28日~4月2日 ドル円為替予想

FX

【今週のドル円分析】

今週の主な指標結果

今週の主な指標結果
日付時刻指標前回予想結果
3/21(月) 21:30 シカゴ連銀全米活動指数 +0.59 +0.54 +0.51
3/22(火) 1:00 パウエル議長講演******
3/23(水) 21:00 パウエル議長討論会参加******
23:00 新築住宅販売件数 78.8万件 81.0万件 77.2万件
3/24(木) 21:30 耐久財受注[前月比] +1.6% -0.6% -2.2%
21:30 耐久財受注[除輸送用機器][前月比] +0.8% +0.6% -0.6%
21:30 経常収支 -2199億USD -2180億USD -2179億USD
21:30 新規失業保険申請件数 21.5万件 21.0万件 18.7万件
21:30 失業保険継続受給者数 141.7万人 140.0万人 135.0万人
22:45 製造業PMI 57.3 56.6 58.5
22:45 非製造業PMI 56.5 56.0 58.9
22:45 総合PMI 55.9 54.7 58.5
3/25(金) 23:00 中古住宅販売成約[前月比] -5.8% +1.0% -4.1%
23:00 中古住宅販売成約[前年比] -9.2% -2.2% -5.4%
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 59.7 59.7 59.4

今週の振り返り

ドル円1時間足:2022年3月21日~3月26日

122.4円を付け、6年ぶりに2015年12月の価格帯にまで戻りました。

米国の複数の要人発言がタカ派に偏っており、パウエル議長も25bpを上回る利上げの可能性を発言するなどでドル買いに傾きました。

また国内の用実発言として、24日に片岡日銀委員の「円安はプラス、スタグフレーションの可能性低」との発言内容、25日に黒田総裁の「円の信頼は失われていない」との発言、2人の円安容認発言から、さらに円が売られこととなりました。

米国側のドル高要因、国内の円安要因が重なり、ドル円は339pipsの変動となりました。

金曜東京時間の黒田総裁発言前に、121.19円まで落ちたのが唯一の押し目だったかもしれません。

今週のレンジ

高値122.43円安値119.04円、終値122.18円
先週より上昇(先週:高値119.40円、安値117.30円、終値119.14円)

【来週の為替予想】

来週の主な指標予想

来週の主な指標予想
日付時刻指標前回予想
3/29(火) 23:00 消費者信頼感指数 110.5 107.0
23:00 JOLT労働調査[求人件数] 11263千件 11000千件
3/30(水) 21:15 ADP雇用統計 +475千人 +450千人
21:30 GDP[前期比年率] +7.0% +7.0%
21:30 個人消費[前期比] +3.1% +3.1%
3/31(木) 21:30 個人所得[前月比] 0.0% +0.5%
21:30 個人支出[前月比] +2.1% +0.5%
21:30 PCEデフレーター[前年比] +6.1% +6.4%
21:30 PCEコア・デフレーター[前月比] +0.5% +0.4%
21:30 PCEコア・デフレーター[前年比] +5.2% +5.5%
21:30 新規失業保険申請件数 18.7万件 20.0万件
21:30 失業保険継続受給者数 135.0万人 135.0万人
4/1(金) 21:30 非農業部門雇用者数 +678千人 +490千人
21:30 失業率 3.8% 3.7%
21:30 製造業雇用者数 +36千人 +30千人
21:30 平均時給[前月比] 0.0% +0.4%
21:30 平均時給[前年比] +5.1% +5.5%
22:45 製造業PMI 58.5 58.5
23:00 ISM製造業景況指数 58.6 59.0

来週の為替予想

1.月末のロンドンフィックス。⇒ドル買いの要因

2.ADP雇用統計、非農業部門雇用者数ともに予想が低い。⇒ドル売りの要因

3.米国要人タカ派発言、国内円安容認発言。⇒ドル買いの要因

4.3月31日の年度末を境にトレンド転換することが多い。⇒トレンド転換要素無い。
  ⇒調整の下落(短期間の下落)の可能性

5.以前、ショートポジションが多い。⇒損切りを考えるとドル円上昇の方向

米国と日本では利上げについては逆方向なので、ドル円では金利差が大きくなり、余計にドルが強い形となってしまいます。

ウクライナ情勢では停戦の見通しは立っていませんが、リスクオフの円買いにはなっていません。また、今後、停戦に傾いてくると、リスクオンのドル買いに向き、円買いの要因が無いように見えます。

年度末のトレンド転換の傾向、雇用統計予想が低いことで、来週は大きな下げもあると思われますが、やはり上目線になってしまうのではないでしょうか。

来週の予想レンジ

目線:上目線
高値:125.7円安値:120.4円

ドル円 チャート予想

2022年3月28日~4月2日 ドル円予想 日足

黒枠のボックス(125.7円から120.4円)での動きを予想しています。

年度末、雇用統計、ここ2週間のドル高円安の動きから大きな値幅を取っています。125.7円は、2015年6月の高値を見ています

先々週から、予想以上の動きになっており、125円も射程距離内に思えます。いずれにしても、政策金利の利上げが続き、国内の円安容認の対策が続く方向なので、125円は付けるように見えます。

ただ、ずっと上がるだけではなく、調整の下げもあるので、ADP雇用統計、非農業部門雇用者数の指標結果が予想通り低くなった場合の反応がどうでるかにも気を付けたいです。

【MT4・MT5】ABCインジケーター

ABCインジケーターという名前のシリーズでMT4・MT5のインジケーターを作成しています。興味のある方はご利用下さい(無料。メンバー勧誘などありません。安心してご使用下さい。SNSで宣伝してくれると嬉しいです)。まあまあの自信作揃いです。

Twitter

FXに関して呟いています。
是非、Twitterのフォローもお願いいたします。

前回・次回の為替予想

*上記MT4チャートはJFX株式会社のMT4を使用しています。
*指標カレンダーはGMOクリック証券、JFX株式会社を参照しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました