FXで専業が出来るかを考えてみた

FX

よくFXを本業にするのは良くないと聞きます。

私は無職なので、現在はFXからの利益が生活費になっています。ということで、なんちゃって専業FX投資家です。ただ、「FXを専業にするのはよくない」ということをよく聞きます。ただ、私は専業でも構わないという派です。

私なりのFXの専業生活について思ったことをシェアしようと思います。

FXを専業にする危険性

FXは高レバレッジをかけて投資できるため、勝った場合は大金を手に入れることが出来ますが、負けてしまうと資産を無くしてしまう可能性があります。

FXで負けてお金が無くなったとしても、会社勤めであれば、毎月の給料が入るので生活が困ることはありません。FX専業であれば、お金が無くなった場合、それで終わってしまいます。これがFXを専業にする主な危険性です。

また毎日利益を上げるということ出来ないので、定収入を望めません。例えば、負けた日が多かったり、取引出来るチャンスが少なかったりする月も出てきて、月の収支が少なかったり、マイナスになってしまうということがあります。どんなに時間を費やしてチャートと向き合っても、それに比例した利益が出るとは限らないのです。

こういった理由から、FXは専業には向いていないと言われています。

FXを専業としても大丈夫な人とは?

FXを専業にしている人は、ほぼ負けなしで、半端なく稼いでいます。

そういうトレードが出来なくても、生活費を安定して稼げるのであれば、FXを専業としても大丈夫だと思います。家族構成にもよると思いますが、一人の場合は年間240万円(月20万円)稼げれば、生活出来るのではないでしょうか。家賃などの固定費を削れるのであれば尚更大丈夫だと思います。

あとは貯金に余裕のある人。FXは安定した収入を得る事が出来ません。長い間、収入がない、マイナスになってしまうという時もあるかもしれません。そういう場合、貯金が必要になってきます。貯金がなければ、必ず勝つ必要が出てきて、精神的なストレスが多くなり、余計に負けてしまう事になります。貯金があれば、精神的な余裕も出てくるので、FXに勝ちやすくなります。。

FXの良さもある

仕事は景気に左右されます。リストラされることもあるでしょう。しかしFXは実力があれば、景気が良くても悪くても利益を上げる事ができます。

また株の場合は、経済状況によって値段が下がったりしてしまいます。そういう意味でもFXは経済状況で為替が変動しても、関係なく取引出来ます。

そして、ネットワーク環境とパソコンやスマホがあれば、どこでも取引が出来ます。場所を選びません。

FXは会社を運営のようなもの。

私はFXは会社の社長と同じと思っています。

小さな会社を作ったとしましょう。その会社は従業員がいて、商品を販売しています。商品が必ずしも売れるとは限りません。売れる売れないに関わらず、従業員に給料を払わなければなりません。収入が無く固定費を払い続ける状況が続けば、ずっと会社は̠̠マイナスの状態になります。

FXも利益を出せなければ、マイナスの状態が続いてしまいます。会社で言う固定費は生活費にあたります。

会社運営もFXも厳しい時はあります。そういった意味で、FXは会社運営と同じようなもので、博打ではありません。

FX専業で気をつけたい点

基本的に、FXの専業は無職です。

無職であると、毎月の給料が証明出来ないので、カードが作れなかったり、ローンが組めない、引っ越しがしにくい等が発生します。

ある程度稼ぎが出来たなら、個人事業主や会社を作って、身分を証明出来るようにしたいと思いますが、FXがメインで稼ぐということであれば、よほどの稼ぎがない限り、個人事業主や会社を設立することが難しいです。

まとめ

FXを専業にするのは悪くはないと思います。

ただ、人にもよりけりで、資産を無くしてしまうようなハイレバ取引、損切をしないような取引などの無理な取引だと、専業になったとしてもすぐに破産してしまいます。

FXはパソコンを使うので、投資時間以外は、ブログやプログラミングの勉強等のを始めてもいいと思います。専業に拘らず、FXから色々と始めてみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました