【FX】スプレッドの開きについて

FX

こんにちは。

今回はFXのトレードで気になるスプレッドの開きについて話したいと思います。

これからFXを始められる方の参考にしていただければと思います。

ほとんどのFX会社のスプレッドは開く

FXを始めて始められる方は、スプレッドが固定されていると勘違いされがちですが、ほぼ、どのFX会社でもスプレッドは開きます

FX会社のスプレッドの表をじっくり見ると、原則固定完全固定ではない等という言葉を見つけることが出来ます。

つまり、大体の時間帯では固定されていますが、時には拡がることもあります。

スプレッドが拡がる理由

先述しましたが、大体の時間帯では固定されています。

しかし、相場が急変すると、買いレート、売りレートが付いていけなくなり、拡がってしまうのです。

相場が急変する時がスプレッドが拡がると考えると、スプレッドが拡がりやすい時間帯が見えてきます。

スプレッドが拡がりやすい時間帯

午前6時から8時

午前6時から8時は、NY市場が終わり、東京市場が始まっていない薄商いになっている時間帯になり、スプレッドが拡がりやすいです。

指標時間の前後

指標時間の前後がスプレッドが開きやすいです。

指標結果を見て、投資家は買い、売りを決めるので、指標結果が出る時間に一気にトレード量が増える為、スプレッドが開いてしまいます。

バケーションシーズン

夏休み、クリスマス、年末の休みなど、多くのトレーダーが長期休暇をとる期間、トレードをする人口が減り、どれーど量もなり、薄商いになるので、スプレッドが開く傾向があります。

通貨ペアによって違う

相場が急変しやすいというのは、取引量が少ない通貨ペアに発生しやすいです。

米ドルは世界の基軸通貨で、日本円、ユーロは世界の主要通貨になります。そのため、これらの通貨ペア、ドル円、ユーロドルは、取引量が必然的に多くなり、相場の急変動による、スプレッド拡がりが、他の通貨ペアに比べて小さいです。

対して、新興国通貨ペアなどは、取引量が少ないため、指標で一気に取引量が上がったりすると、一気にスプレッドが拡がってしまいます。

海外のFX会社はスプレッドが大きい

日本のFX会社の場合、ドル円のスプレッドはおよそ0.2pipsです。

しかし、海外のFx会社の場合、1.5pipsぐらいです。

そんなに不利なのに、どうして海外のFXを使っている投資家が居るのかというと、レバレッジが大きいので、勝てれば少額の金額でお金を増やすことができます。但し、その反対で、負ければ一気にお金を失くしてしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

気を付けていただきたいのは、スプレッドを固定した視線を持っていると、想定以上に開いた場合、ロスカットされてしまう場合があります。

ロスカットを計算する場合は、スプレッドが拡がる分も考慮して下さい

 

クイズを解いて勝率アップ!FXチャート&資金管理 実践トレーニング
ソーテック社
チャートが見える、読める!ライン分析、トレンド、ダウ理論、MACD、RSIを使って、チャートと資金管理をクイズ形式で、今後の相場を読むトレーニング本です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました