【感想】MT4とMT5用のインジケータ作成してみた

FX

MT4とMT5用にインジケータを作成しています。

MT4とMT5のインジケータを作っての感想をシェアしたいと思います。

おそらく、MT4用のインジ製作者多いと思いますので、MT5をこれから作成する参考になればと思います。

MQL5の関数のバグが少ない

MQL5の関数にはバグが少ないと思います。今の所、バグに遭遇したことはありません。

MQL4の場合、関数はありますが、その通りに機能しないことが多々ありますが、MQL5の場合は大丈夫です。

例えば、オブジェクトの高さを取得したいと思い、その関数を使用しても取得できないということがあります。

MQL4でコードを書いたことが無い方にとっては理解しがたいですが、MQL4ではこういうことがよくあるんですよね。何のためのコードなんだろうって思っちゃいますよね。

しかし、そういったバグはMQL5にはありません。

MQL5は関数のリファレンス通りにコードを書けば、その通りの出力がされます。

MQL4からMQL5の移植は簡単か?

MQL4とMQL5では、すべての関数が同じわけではありません。

その為、MQL4のコードをそのままMQL5にコピーしてコンパイルすることは出来ません

下記にMQL4とMQL5との関数の相関表があります。

移植する際に、関数を修正する場合もあり、面倒に思うかもしれませんが、慣れてしまえば、簡単です

なので、移植に躊躇されている方は心配しなくてもいいですよ。

MQL5の方が簡単

今では、MQL5でコードを書く方が楽と感じます。

やはり、MQL5は関数のバグが無いというのが大きいです。躊躇なく、関数を使うことが出来ので、戸惑うことがありません。

MQL5のエディターも著作者やリンクなど、前回に記入したものが保存されるので、新たに入力する必要はありません。

前回の記入が保存されている

MQL5の壁

MQL5の壁と言えば、ユーザー数ではないでしょうか。

ユーザー数が少ない理由としては、MT5を提供している会社が少ないからです。

ただ、2019年3月1日でMetaQuotes社がMT4のサポートを終了しているので、今後はMT5になっていく予定なのです。もう3年も経ちますが、MT5の提供会社が少ないのは、MT5ユーザーとしては待つしかないかもしれません。

おわりに

MT5の提供会社が、2022年現在も少数なのは気になるところですが、インジケーターの作りやすさを考えると、MT5を選んでしまいます。

MT4のインジが多いというのネックですが、MT5に人気のインジが続々出てくると逆転も近いのかもしれませんね。ということは、MT5のユーザーが多くなっていくのは、私たち次第ということかもしれませんね。

FX
スポンサーリンク
フォローする
OPTY LIFE(オプティライフ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました