パナソニック ボウズカッター(ER-GS60) 電池交換

DIY
五厘君
五厘君

こんにちは。

今回はPanasonicのバリカンER-GS60『ボウズカッター』の電池交換方法をシェアしたいと思います。

充電池は何年もった?

2015年6月に購入して、2022年1月に交換したので、およそ6年半持ちました。

ただ、ここ半年ほどは、パワーを感じなかったので、実質的に6年ぐらいかもしれません。

交換前も刈れることは刈れるのですが、パワーが落ちてきて、何度も同じ所にバリカンを入れることが多くなり、電池を交換することに決めました。

電池の交換方法

では交換方法を紹介します。交換される方は、自己責任でお願いします

準備するもの
  • 新しい電池(Panasonic ESSL41L2507)
  • プラスドライバー(小さいサイズ)
  • マイナスドライバー(小さいサイズ)
  • ブラシ(バリカンに付着している毛を落とすため)
  • 新聞紙(交換時に毛が落ちる為)

電池(品番: ESSL41L2507)でん吉というお店で購入しました。楽天市場ペイペイモールにお店があります。

  1. 最初にドライバーを使わないで外せるところを外し、ブラシでバリカンに付いた毛を落としておきましょう
  2. 下の部分のねじを外して、下の部分のカバーを外します
  1. 次にバリカンの中の2つのねじを外し、カバーを外します
  1. バリカンを反対に向け、2つのねじ(赤丸)を外し、金属部分(青丸)も外します
  1. は慎重にして下さい。バリカンの横側の部分を外します。精密ドライバーのマイナスドライバーを使い、カバーの切れ目にドライバーを入れていきます。少し開いたら、反対側も少し開き、また反対側も開いていきます。力任せにすると、カバーが割れてしまう場合があるかもしれないので気を付けてください。少しずつ、少しずつ、隙間を広げていくという感じです
  1. 下のようにカバーを外れます。
  1. 7つのねじ(赤丸)を外します
  1. サイドの切れ目にマイナスドライバーを入れて、黒いカバー側を外します。先ほどと同様に慎重に行ってください。カバーを外す際は、カバーに防水のパッキンが付いているので、気を付けてください。
外れた状態
  1. 電池の突起が穴に入っているので、電池を黄色い矢印の方に動かして抜きます配線を切らないように注意してください
  1. 電池をケースから取り外します。ケースの穴(黄色矢印)に、マイナスドライバーを入れると取り出しやすいです。突起状の反対側も、突起状になってクリップされたようになっているので、注意してください。
  1. 電池をケースに入れます。突起状の部分にプラスチックの円盤、金属の円盤、ゴムが付いています。電池ケースの中にはプラスチックの円盤と金属の円盤を入れますゴムの部分は電池ケースとバリカンの外側のカバーの間(赤い矢印)に入るようにして下さい
  1. 電池ケースを入れたら、一度、電源ボタンを押して動くか確認してください。この時点で動かなければ、電池がきちっと入ってることを確認してください。
  2. あとは、逆の手順でカバーを取り付けていけば完了です

おわりに

紹介したものはER-GS60というモデルになりますが、2022年1月現在はER-GS61というモデルになっています。

見た目はほとんど変わらないので、もしかしたら構造も同じであれば、交換方法も同じになると思われます。

パナソニック ボウズカッター バリカン 充電式 白 ER-GS61-W
パナソニック(Panasonic)
お好みのヘアスタイルを、おうちセルフカットで手軽にキープ。
五厘君
五厘君

新しい電池に交換して、丸刈り生活を楽しみましょう!!

DIY
スポンサーリンク
フォローする
OPTY LIFE(オプティライフ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました