パナソニック ラムダッシュ ES-AST2A-Kの電池交換しました

スポンサーリンク
DIY

今回、髭剃り『パナソニック ラムダッシュ ES-AST2A-K』の電池交換を行いましたので、電池交換の方法をシェアしたいと思います。

注意:今回の交換方法で、不具合が出ても、保証は致しませんので、交換される場合は、ご自身の責任で行ってください

スポンサーリンク

準備するもの

  • プラスのドライバー
  • 充電池(バッテリー)

髭剃りの充電する部分にネジが見えます。その部分を見て、プラスのドライバーを準備して下さい。

充電池は『ESLV9XL2507 ESLV9ZL2507 ESELV9L2507N』のキーワードで探して下さい。私は下記の充電池を買いました。

交換方法

髭剃り下の所に見えているネジを外してください。

ネジを取ると、下の部分のカバーが取れます。ネジが2本見えるので、外します。

そうすると、上部のカバーを外すことが出来ます。また、4本のネジが見えるので、ネジを外し、固定されているカバーを外します。

カバーを外すと、下記のように電池が入っています。剃った髭のカスがカバー内にあるので、この時に掃除して下さい。重要なことは、電池にマイナス、プラスの方向を確認して下さい。電池にプラス、マイナスが表示されています。私の場合は、上がマイナス、下がプラスでした。これを間違えると終わりです。

電池は普通に抜けますので、新しいものに交換して下さい。

カバーを戻して、電池交換は終了です。電池は充電がされていないことが多いらしいので、動作確認は電池の充電後に行ってください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

電池交換し、充電後に、使用した感想としては、威力が増した感じです。やはり、電池がヘタっていたんでしょうね。新品に戻った感じがします。

ところで、髭剃りの不具合に気づいたのは、2020年10月に外泊した時です。朝起きて、髭を剃ろうとしたら、電池切れのランプがついてしまい、すぐに落ちてしまいました。前日に充電していたので、カバンの中で起動したのかなと、その時は思っていました。その後も、何度も電池切れになってしまい、おかしいなと気づいたわけです。動作的には、充電直後は数分使えるのですが、充電ケーブルを外した状態で、数時間放置しておくと、放電の速度が速いのか、起動させると電池切れになってしまいます。それからは、使う直前まで、充電しておくようにして、2020年12月2日の交換まで騙し騙し使ってました。2016年の5月に購入して、2020年10月に不具合に気づいたので、4年ほどでバッテリがダメになったということです。毎日、使っていたので、十分活躍してくれたと思っています。

800円ほどで、髭剃りが安心して使えるようになったので、一安心です。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました