【対処法】Java Updateでスクリプトエラーのメッセージが出てアップデート出来ない

スポンサーリンク
アプリ

パソコンでJava Updateのメッセージが出たのですが、スクリプトエラーが出てアップデート出来ませんでした。

その時の対処法を説明したいと思います。

スポンサーリンク

不具合の内容 – スクリプトエラー

私のパソコンはWindows 10です。Windowsを起動すると下記のメッセージが表示されると思います。このメッセージはデスクトップ画面の右下のメッセージ画面でも確認できます。

Java Update利用可能

Javaの最新版のインストール準備完了。ここをクリックすると実行します。

Windows稼働時に出るメッセージ

右側のWindowsのメッセージで確認

上記のメッセージを消してしまった場合、デスクトップの隠れているインジケーターの所でJava Updateのアイコンで起動させることができます。オレンジのアイコンです。

隠れているインジケーターでの表示

このアイコンをクリックすると、通常はアップデートが出来るはずなのですが、「このページのスクリプトでエラーが発生しました」というメッセージが出て、アップデートが出来ません。この場合、「いいえ」を選択して終了させてください。

オラクルのホームページからダウンロードする

対処法として、Javaを配布しているオラクル(Oracle)のホームページからJavaをダウンロードしてインストールすることになります。

オラクルのJavaの最新版⇒ここから

ホームページを開き、「無料Javaのダウンロード」をクリックして下さい。

JavaSetupXXXX.exe(XXXXはその時のヴァージョンで変動します)がダウンロードされます。それをクリックして実行して下さい。実行するとインストーラがダウンロードされ、アップデートがされていきます。

古いバージョンのJavaが検出されるのでアンインストールをおススメします。

これでJavaのアップデートは完了です。最新版がインストールされました。

まとめ

私の場合、GMOクリック証券はっちゅう君FXプラスがJavaを使用しているので、このメッセージが出た際は必ずアップデートするようにしています。万が一、発注の不具合などが起きて損失になったりすると大変ですからね。

みなさんもJavaのソフトを使われているならば、最新版にアップデートすることをおススメ致します。

コメント

  1. britinara より:

    やあ、まことにありがとうございまし!何か月前から、いらいらしましたよ、この馬鹿なエラーメッセージを毎回みると!

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました