【男性編】ほうれい線が気になる方へ

生活と暮らし

こんにちは。

今回はほうれい線を予防するお話をしたいと思います。

ほうれい線って嫌ですよね。もちろん、年を取ってくるからほうれい線が出来るのは当然ですが、老けて見えるので、無い方がいいですよね。特に40代を超えてくると、ほうれい線が目立ってくるようになります。イラストを描くときに、年配の人を表現するためにほうれい線を加えることから、ほうれい線は年を取った特徴となります。下の絵を見ると、ほうれい線があるのとないのとではイメージが全然変わりますよね。

  

今回は、私が気を付けているほうれい線を予防する方法を紹介します。

日焼けをしない – 日焼け止めをする、日傘を利用する

ほうれい線は肌が劣化していき、それに伴って出てきます。潤いがなくなるんですよね。紙を折ると、折り目ができますが、タオルを折ると折り目が出来ないという感じでしょうか。

肌の劣化を少しでも防ぐことで、ほうれい線の進行は少しでも防げます。一番、肌にダメージを与えるのは日焼けです。紫外線は、日焼けをするにはいいですが、結果的に肌にダメージを与えてしまいます。特に夏の紫外線が強い時は、日焼け止めや日傘を利用して、紫外線を防ぎ、肌を守りましょう。

夏の強い日差しを乗り切る 『日傘』 男性でも使いましょう
こんにちは。夏のシーズンはいつにもまして日差しがきついですよね。みなさんはどのようにこの日差しを防いでいますか?気にせず、直接日差しを受けていますか?日差しを受けない事で、相当の不快な暑さを防ぐことが出来ます。日陰に行くと、涼しく感...

うつ伏せ、横向きに寝ない – ほうれい線を作る

うつ伏せや横向きで寝ている人はいませんか?

うつ伏せや横向けで寝ている場合、ほっぺたが圧迫されて、ほうれい線をつくってしまいます。また、寝ている時間は長いので、より、ほうれい線の痕の癖がついてしまいます。

最初は慣れないかもしれませんが、寝る時は仰向けで寝るようにするとほうれい線は目立ちにくくなります。

ほうれい線の部分に化粧水や乳液をつけて潤わす

基本的に顔全体に化粧水や乳液を付けますよね。

寝る前など、たっぷりほうれい線の部分につけて下さい。やはり潤わすようにしないと皺がついてしまいます。

まとめ

男であっても、老けていくのは残念ですよね。

先述しましたように、ほうれい線があるとないのとでは見た目が全然変わってきます。上記のようにちょっとしたことに気を付けていくだけで、ほうれい線の進行を防ぐことが出来ます。

もうすでにほうれい線が出来てしまっている人も諦めず試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました