【商品レビュー】マイボトル、タイガー 水筒 350ml サハラ マグMMZ-A351WS

スポンサーリンク
商品レビュー

暑くなってきましたね。

ちょっとしたお出かけの為に、新しくマイボトル『タイガー 水筒 350ml サハラ マグMMZ-A351WS』を購入しました。

実際の使い心地などについて、商品レビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

マイボトルを購入した理由

この暑い時期は、出かける際に、マイボトルに麦茶を入れて持って行きます。今までは容量が『500ml』のマイボトルを使っていました。しかし、これが大きくて重いんです。『大は小を兼ねる』っていう意味で、大きいのを購入したのですが、ほとんどの場合、半分も飲まないんですよね。

そこで、今よりも軽くて、容量が小さいものがないかと、色々と検討した結果、タイガー の『350ml』サイズの 『サハラマグMMZ-A351WS』を購入することにしました。

サハラマグMMZ-A351WSにした理由 – 洗いやすさ、サイズ、重さ

タイガーの『サハラマグMMZ-A351WS』にした理由は以下の通りです。

  • 洗い易さ
  • サイズと重さ

洗い易さ – 夏だからこそ衛生的なもの

まず、最初に『洗いやすい形状』の物を探しました。特にキャップの部分ですが、複雑なものだと、濯ぐしか術がなく洗えない場所ができてしまいます。そして、洗えない部分が出てくると、衛生的ではありません。なので、部品数の少なくて、洗いやすそう形状の、タイガーのステンレススボトルに絞りました。

サイズ、重さ – 持ち運びが楽なもの

タイガーのボトルでは、下記のようなサイズと重さになります。

300ml 幅5.8×奥行5.8×高さ17.6cm、重さ141g
350ml 幅6.6×奥行6.6×高さ16.4cm、重さ168g
500ml 幅6.6×奥行6.6×高さ21.6cm、重さ191g

先述した通り、容量が『500ml』のサイズより、小さいもの買いたかったので、『300ml』と『350ml』のどちらかを選ぼうと思いました。『200ml』というサイズもありますが、少し小さすぎると思い、選択肢からは外しました。

店頭で販売されている小さいペットボルトがありますが、その容量は『280ml』になります。これぐらいがいいかなと思ったので、『300ml』にしようと思ったのですが、最近の暑さで、物足りないかと思い、『350ml』にしました。

重さも、『300ml』と『350ml』でほとんど変わらなかったのが『350ml』を選んだ理由です。

開封レビュー – 写真で見てみる

開封時

開封した状態です。

部品数3点、本体、キャップ、パッキン

本体は、水筒部分とキャップ(パッキンが付いている)だけです。洗う部品が少ないです。

水筒の幅

水筒用のボトルブラシが十分使えますね。

ペットボトルと大きさ比較

500ml』のペットボトルと大きさを比較してみました。もちろん、容量が少ないで、ペットボトルより小さいですが、コンパクトさが解ってもらえると思います。

使用感、気に入った点 – 取り扱いやすいか?飲みやすいか?

手に取った感は『コンパクト』で『軽い』です。持ち運びしてもストレスは感じないと思います。『リュックにスッポリ入る感じ』がします。

直飲みタイプなので、飲み口が危ないかと心配していましたが、丸みを帯びているので、口を切る心配はありません。飲みやすいです。

気に入っている点は、『飲み物の保温』です。公表では6時間の保温になっています。すごくコンパクトなので、保温は期待していませんでしたが、充分、保温が保たれています。半日ぐらいのお出かけなら十分じゃないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。これから暑くなってくるので、外出先で飲み物を飲む機会が増えてくると思います。家で作ったコーヒーや麦茶をマイボトル入れていけば、いつでも外出先でお好みの飲み物を楽しめます。また飲み物を購入することが少なくなるので、『節約にもつながり』、『ペットボトルの削減』に繋がります。

また、冬場においても、保温効果があるので、温かい飲み物を入れておくことも出来ます。

本当に軽くて、コンパクトです。カバンにすぽっと入るので、スペースをとらないのでおススメします。是非、マイボトルの購入を予定されていれば、このマイボトルを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました