【商品レビュー】マグネット式 USB充電ケーブル – Android, Lightning

スポンサーリンク
商品レビュー

今回は、スマートフォン(Android)やアイフォン(Lightning)の充電ケーブルについて、標準品よりも簡単に充電できるマグネット式のUSB充電ケーブルを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

マグネット式のUSB充電ケーブルの利点

どうして、マグネット式のUSB充電ケーブルを使っているかというと、コネクタをスマホやタブレットに差し込む必要はないからです。

毎回、コネクタを差し込むことをしていると、スマホの差し込み口が劣化してしまう恐れがあります。このマグネット式ならば、差し込み口が痛めることもありません。また、マグネット式なので、充電ケーブルを近づけるだけで、磁力で引っ付き、接続されます。

心配な点 – コネクタの突起は気にならないのか、ケースと干渉は?

マグネット式の物は、スマホやタブレット側にアダプターコネクタを取り付けます。ほとんどの商品はアイフォンやアンドロイドのアダプターがついています。

おそらく、購入した後に気になるのが、このアダプターが気になるかどうかです。出っ張るので、気になるかもしれません。購入前に、サイズなどを確認してみて下さい。私も最初は気にしていましたが、慣れてくると気にならなくなりました。

また、スマートフォンのケースによっては、このアダプターがケースと干渉してしまう場合があります。私は以前、アイフォンを持っていたのですが、アイフォンのケースをはめた状態で、このアダプターを付けることはできませんでした。もちろん、ケースを付けた状態で充電コネクタの所は空いていますが、ケースを付けた状態だと、充電する穴が小さくなり、アダプターを取り付ける事が出来ませんでした。アダプターを取り付けられたとしても、マグネットのUSBケーブルとアダプターを引っ付けられないことになります。うまく言葉で表せられないのですが、このアダプターを取り付けるには、コネクタ部周辺が何もない状態か、隙間が十分ある状態でないと使用することが出来ないので、購入前には確認をして下さい。

気を付ける事 – 故障の原因となる – 充電器から抜く

充電が終わってからは、USBケーブルを必ず充電器から抜くようにして下さい。USBケーブルのスマホ側の端子は磁石になっているので、金属の物に引っ付いてしまいます。もし電気が来ている状態で、金属のものに引っ付いてしまう場合があると、ショートしてケーブルが故障してしまう場合があります。

充電器をコンセントに挿しっぱなしという場合が多いと思いますが、USBケーブルは抜くように気を付けて下さい。この事例は見かけないのですが、私の場合、ケーブルがショートして使えなくなってしまいました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

特に年配の方ですと、スマホやタブレットの充電の差し込み口にコネクタを差し込むことが難しいと思います。このマグネット式であれば、マグネット同士が引っ付くだけなので、差し込み作業をする必要がありません。簡単に充電が出来ます。

私の両親はスマホを2018年から使い始めました。それまではガラケーを使用していました。ご存知のように、ガラケーは専用の充電器があり、その充電器に載せる(差し込む)だけです。コネクタを接続する必要はなく、簡単に充電することが出来ます。しかし、スマホは充電する際は、コネクタを差し込まなければなりません。その為、スマホに変更した時は、充電コネクターの接続に手間取っていました。しかし、このマグネット式に変えてからは、差し込むこともなくなり楽になったと言っています。

本当に楽に充電できるので、マグネット式のUSBケーブルを試してみてはいかがでしょうか。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました