Googleが開発したプログラム言語『Go』のインストール手順 – windows編

スポンサーリンク
プログラム

Googleが開発したプログラム言語『Go』のインストール手順をシェアしたいと思います。半分、自分の備忘録です。

これはWindowsパソコンでのインストール手順です。

スポンサーリンク

Goのオフィシャルサイトでソフトウェアをダウンロード

まずは、Goのオフィシャルサイトに行きます。

The Go Programming Language
Go is an open source programming language that makes it easy to build simple, reliable, and efficient software.

トップページの『Download』をクリックします。

Downloadをクリック

ページの上部に『Featured downloads』という項目があり、その中の『Microsoft Windows』をクリックすると、ダウンロードが開始します。

Microsoft Windowsをクリック

ソフトウェアのインストール

先ほどダウンロードしたファイル『go1.15.4.windows-amd64.msi』をダブルクリックします。ダウンロードするバージョンは、日々異なりますので、もしファイル名が異なっても気にしないで下さい。

メッセージウインドウが開いていくので、『Next』をクリックし続け、『Install』が出てくれば、それをクリックすればインストールが開始します。

Finish』が出てくれば、インストール完了です。

インストールの確認

コマンドプロンプトを立ち上げます。

go version』とタイプします。そうすると、インストールされた『GO』のバージョンが表示されます。

go versionとタイプする

上記のようにバージョンが表示されれば、インストールが正常に完了です。もし表示されなければ、もう一度、インストールを試してみて下さい。

サンプルプログラムを動かしてみる

テキストエディタで上記のプログラムを作り、sample.goと名前を付けます。

コマンドプロンプトを立ち上げ、ファイルの場所まで移動します。

そして、下記のコマンドを実行します。

そうすると、同じフォルダに、『sample.exe』という実行ファイルが作成されます。

そして、引き続き、コマンドラインでsampleと入力すると、sample.exeが実行されます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

まだ『Go』は、最近できた言語ということもあり、PYTHONやC言語のように、多くの方に使われていないのが現状です。ただ、GOOGLEが作った言語ということで、今後、多くの方面で使われる可能性があると思います。

このサイトで、『Go』を使ったプログラム作成の紹介が出来ればと思っています。その時まで、楽しみにしておいて下さい。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました