Google Chrome リーディング リストとは?

アプリ

2021年3月、Google Chromeの右側の画面にに『リーディングリスト』というのが表示されるようになりました。

意図して表示させたわけではなく、突然表示されました。

今回は、このリーディングリストについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

リーディングリストとは何か?

リーディングリストの機能

リーディングリストは『ウェブページの保存スペース』です。

機能的にはブックマークと同じです。しかし違う点もあります。

  • 未読、既読のカテゴリーに分けられる
  • 削除ボタンがある

下の画面を見て下さい。

リーディングリストでは未読、既読のページと分かれおり、保存したページの何時間前の閲覧かを知ることが出来ます。

そして、ページの隣にチェックマークXマークがあります。

チェックマークは未読のカテゴリーに入っている場合は既読に切替、既読のカテゴリーに入っている場合は未読に切替できます。

Xマークリーディングリストからページを削除する機能です。

使用する例

リーディングリストは一時的に保存したい場合に役立ちます。

例えば、あるページを閲覧中に、別の作業をすることになって、そのページを後で読もうと思うとします。そんな時にリーディングリストに保存します。そして読んだ後は、リーディングリストのXをクリックして削除します。

ブックマークに保存したものを削除する場合、リスト上の項目を右クリックして削除しなければなりませんが、リーディングリストの場合、ワンクリックで削除できます。

なので、とりあえずチェックしたいページがあれば、リーディングリストに保存するといいと思います。

リーディングリスト非表示・表示の方法

非表示の方法

リーディングリストが不要な方もいると思うので、非表示の方法を説明します。

手順1:Chromeを立ち上げて、アドレスを入力する欄に「chrome://flags」と入力

そうすると、「Experiments」と題するページが表示されます。

手順2:画面の入力欄に「reading」と入力する

そうすると「Reading list」の項目が表示されます。

手順3:「Default」をクリック

Reading Listの右側のDefaultをクリックします。

手順4:「Disabled」を選択

Defaultの中にある項目の「Disabled」を選択します。

手順5:ページ下の「Relaunch」をクリック

最後にページ下の「Relaunch」をクリックします。このボタンをクリックするとChromeが再起動し、リーディングリストの表示が無くなります。

表示させる方法

非表示と同じ方で、最後の項目を選択する所を「Enabled」を選択します。

一言メモ

現在、「Experiments」という項目内での表示の切り替えになっています。

つまり、現時点(2020年3月22日)ではリーディングリストは「Chromeの試験運用版の機能」の項目になります。

なので、将来的には通常の設定項目の中に入ると思われます。その時は、上記の設定方法が変わると思うので、記事も変更する予定です。予め、ご了承願います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

私の場合、時事関係のページをリーディングリストに保存してます。使い始めると非常に便利です。

今まではちょっと見たいページもブックマークに保存していたので、ブックマークが溢れかえってしまっていましたが、これで解決しました。

やはり簡単に削除できるのはいいですね。

みなさんもリーディングリストを使ってみてはいかがでしょうか。

役に立った!」と思れましたら、下のSNSボタンで記事のシェアをしていただけると嬉しいです!

MARK RYDEN バックパック防水 ビジネスリュック メンズ用 YKKファスナー 30L大容量 盗難防止ラップトップバッグ17インチパソコン対応 黒
MARK RYDEN(マークライデン)
表面素材は傷などがつきにくい高密度の防水生地を使用していますので、耐摩耗性・耐久性を実現しました。軽い雨や水などをこぼしても問題ない。YKKジッパーを使用する、ファスナー周囲の縫製が加固処理して、元よりもっと丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました