【第6回PYTHON講座】誕生日を入力して星座を判断するGUIブログラムを作ろう①

PYTHON

前回は『生年月日を入力して年齢と星座を表示させるプログラム』を作成しました。

【第4回PYTHON講座】生年月日を入力して 年齢と星座を表示させる ブログラムを作ろう①
PYTHONでプログラムを作っていきます。作成するプログラムは生年月日を入れて年齢と星座を表示します。では、作ってみましょう。生年月日を入力するプログラムを起動し、情報を入力するにはInput関数を使用します。重要な事は、Inpu...

生年月日をコマンドプロンプトで入力していましたが、今回はGUIで誕生日を入力して星座を判断するプログラムを作成します。

では始めましょう!

GUIライブラリ「Tkinter」を使う

PYTHONでGUIを作る際は、「Tkinter」というライブラリを使用します。Tkinterのライブラリは追加でインストールする必要がありません。

基本のウインドウを作る

1行目:tkinterのライブラリをtkとしてimportします。tkとした方が短くていいからですね。

4行目:ウインドウを作成する為、大元となる画面rootを定義します。おまじないだと思って下さい。次にウインドウのタイトルを決めます。今回は「星座診断」です。

ルート内にcanvasを作ります。これがウインドウの大きさになります。大きさを変更したい場合は、height, widthの数値を変えて下さい。また背景色も変更することができます。背景色はHTMLと同じで16進数で記述して下さい。

最後にroot.mainloop()で締めて下さい。これもおまじないだと思って下さい。

Tkinter – ウインドウを作る

ウインドウが作成されました。プログラムを作成している感じがしますね。

文字をウインドウに表示 – Label

プログラムの説明文をウインドウに表示させます。文字の関数としてTkinter内に用意されているLabelを使用します。

1行目:説明文を入力します。bgLabelの背景色(background color)です。bgは無くても大丈夫です。

2行目:説明文の配置を決めます。ウインドウの左上が原点になり横がx軸、縦がy軸になります。

Tkinter – 文字を表示させる①

文字が表示できました。その他の説明文も表示します。

Tkinter – 文字を表示させる②

星座診断のプログラムが出来上がってきましたね。

入力欄の作成 – Entry

誕生日を入力する為の入力欄を作成します。Tkinter内に用意されている関数Entryを使用します。

Entry1にはEntry2にはを入力するようにします。

1行目、3行目:bg=”#EEEEEE”、入力欄の背景をを変更しています。ウインドウの背景の色の白色(#FFFFFF)と同じにすると、入力欄が見え難いので色を少し変えるといいと思います。

2行目、4行目:先ほどのLabelと違う所は入力欄のwidth=を決めるところです。入力する内容に合わせて幅を決めましょう。

Tkinter – 入力欄を作成する

プログラム コード

今回のプログラムコードです。

まとめ

今回はプログラムの表面の骨組みを作成してみました。x, yの値を変えたり、widthを変えてみたり、色を変えてみたりと色々自分好みに変えていくとプログラムが身に付くと思います。

次回はボタンの作成と計算等のプログラムの中身を作成していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました