【WordPress】投稿画面が使いにくい、使いやすくする「Classic Editor」

スポンサーリンク
WordPress

WordPress(ワードプレス)の投稿画面(編集画面)が使いにくいと感じた事はありませんか。

最近、WordPressを始められた方はご存知ないかもしれませんが、にWordPressのバージョンアップで『Gutenberg』という投稿画面に変更されました。この『Gutenberg』が使いにくいんですよね。

なぜ使いにくいかというと、入力画面(ブロック)が作られてしまうのです。使われている方は解るかもしれませんが、複数ブロックが作ってしまう事があり、非常に編集しづらいです。特にブログだけ書きたいというのであれば、この『Gutenberg』は向いていません。

今の編集がやりにくいと思われる方は、以前のWordPressで使用されていた投稿画面『Classic Editor』に戻してみることをおススメいたします。

では、『Classic Editor』の導入方法をシェアします。

スポンサーリンク

Classic Editorのインストール

WordPressのダッシュボードで『プラグイン』⇒『新規追加』を選んで下さい。

検索画面のトップページに『Classic Editor』が表示されていると思います。もし表示されていなければ、プラグインの検索の入力ボックスに『Classic Editor』と入力し検索して下さい。Classic Editorが表示されますので、『今すぐインストール』をクリックして下さい。その後、ボタンが『有効化』に変わるので、有効化をクリックして下さい。以上でインストールは終了です。

        

確認してみる

投稿画面を確認して下さい。文字の入力するブロックが1つになって固定されており、編集がしやすくなっています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

私の場合、『Gutenberg』での編集が数か月使用しましたが、どうしてもあの複数のブロックに慣れませんでした。やはり『Classic Editor』の方が好きです。

もし『Gutenberg』に戻したいと思われるなら、『Classic Editor』をプラグインの画面で無効にして下さい。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました