【WordPress】投稿画面が使いにくい、使いやすくする「Classic Editor」

WordPress

WordPress(ワードプレス)の投稿画面(編集画面)が使いにくいと感じた事はありませんか。

最近、WordPressを始められた方はご存知ないかもしれませんが、WordPressのバージョンアップで『Gutenberg(グーテンベルグ)』という新しい投稿画面に変更されました。このGutenbergが使いにくいんですよね。

理由は、入力(編集)画面がブロックとして扱われるようになるのです。

下記のイメージです。

Gutenberg

Gutenbergは、使い慣れると、編集ブロックの順番を変えるという利点はあるのですが、複数のブロックがあれば、別のブロックの確認不足をしてしまう可能性があります。また、意図もせず、空白のブロックを追加してしまうこともありします。

やはり、一つの編集画面で、編集、確認する方が分かりやすいですよね。

そこで、以前のWordPressで使用されていた一つの投稿画面に出来るプラグイン『Classic Editor』をシェアします。

スポンサーリンク

Classic Editorとは

Classic Editorとは投稿画面を一つにするプラグインです。

Gutenbergと違って、編集画面が固定されて、ブロックの追加が出来ない用になっています。メニューは同じです。

Classic Editorの投稿画面

Classic Editorのいい点として、タブの変更で、簡単にテキスト(HTMLコード)に表示を切り替えることが出来ます。またHTMLコードの編集もタグのボタンが付いているので、簡単に出来ます。

ビジュアルとテキストの切り替え

Classic Editorのインストール

WordPressのダッシュボードで『プラグイン』⇒『新規追加』を選んで下さい。

『プラグイン』⇒『新規追加』

検索画面のトップページに『Classic Editor』が表示されていると思います。

もし表示されていなければ、プラグインの検索の入力ボックスに「Classic Editor」と入力し検索して下さい。Classic Editorが表示されれば、『今すぐインストール』をクリックして下さい。その後、ボタンが『有効化』に変わるので、有効化をクリックすれば、インストールの完了です。投稿画面で確認して下さい。

Classic Editorのインストール

まとめ

いかがだったでしょうか。

もし、Gutenbergの方が自分に向いていると思われるのでしたら、プラグインの画面で、Classic Editorを無効にして下さい。

私の場合、Gutenbergを数か月使用しましたが、どうしても”ブロックの扱い“に慣れなく、Classic Editorを使用しています。

役に立った!」と思れましたら、下のSNSボタンで記事のシェアをしていただけると嬉しいです!

アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79
ソーテック社
夢を叶える人生のために、好きを仕事にするためのブログを書き方、目的や意味、そしてマインドの持ち方まで、アフィリエイトブログで夢をつかんだ亀山ルカと染谷昌利だから書ける極意満載!

コメント

タイトルとURLをコピーしました