【WordPress】プラグイン『TinyMCE Advanced』を削除でHTML編集になってしまった – 解決法!!

スポンサーリンク
WordPress

プラグイン『TinyMCE Advanced』を削除しました。『TinyMCE Advanced』はブロックエディター (Gutenberg) とクラシックエディター (TinyMCE) を拡張、強化するもので、多くの方がインストールされていると思います。

削除した理由は、このプラグインがあるとWordPressのテーマ『Cocoonのスタイル機能(文字の囲みやマーカー)が表示されなくなってしまうからです。

ただ、削除したのはいいのですが、ちょっと困ったことが発生しまい、その解決方法をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

不具合の内容

『TinyMCE Advanced』を削除して、過去に書いた記事を再編集しようと思った所、下記のメッセージが出て、ビジュアル編集出来なくなりました

“tadv/classic-paragraph”ブロックはサイトでサポートされていません。そのまま残すか、カスタムHTMLブロックへ変換、または完全に削除してください。

“tadv/classic-paragraph”ブロックはサイトでサポートされていません

ビジュアル編集ではなく、HTML編集は出来るようになったのですが、HTML編集は画像の貼り付け等を手動でするには厳しいですよね。『TinyMCE Advanced』はWordPressを使い始めた時から使用しているので、記事数は400を超えてしまいます。それらがHTML編集でしか編集出来なくなるのは、正直無理です。

どうやってビジュアル編集に戻すんでしょう?

解決法!HTMLコードをそのまま貼り付けるだけ

最初に『HTMLとして保持』をして下さい。この時に、ブロックの表示がHTMLコードに変換されます。

HTMLとして保持

次にHTMLコードに変換された右下の方にマウスを動かすと『+(プラス)』マークが出るので、『ブロックの追加』をして下さい。

ブロックを追加

クラシック』のブロックを選んで下さい。そうすると、空白のビジュアル編集のブロックが出来ます

『クラシック』を選択

新しく出来たブロックを『ビジュアル編集』から『HTMLとして編集』に切り替えます。

『ビジュアル編集』から『HTMLとして編集』に切り替える

そして、最初にHTMLに変換されたコードを新しく出来たブロックに貼り付けをします。そして、新しく出来たブロックを再度、『ビジュアル編集』に切り替えると、『ビジュアル編集』で編集できるようになります。

ビジュアル編集が出来るのを確認してから、以前のブロックを削除して下さい。

最後に、『プレビュー(新しいタブで開く)』という不要なブロックが一番上に出来ているので、それも削除することを忘れないで下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。

『TinyMCE Advanced』を削除しましたが、編集には困っていません。削除することでCocoonのスタイルが表示されました

Cocoon『スタイル』メニューの表示

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました