【WordPress】ページ内リンクの貼り方

WordPress

こんにちは。
今回はページ内リンクの貼り方を説明します。

ページ内リンクとは?

通常リンクされた文字をクリックすると、別の記事や別のホームページを開くことが出来ます。

今回紹介する『ページ内リンク』とは、リンクされた文字をクリックすると、同じページ内のある場所まで移動させるリンクのことをいいます。

ページ内の文章が多ければ、途中で同じページ内の別の個所に移動させたいことがありますよね。

実は、ページ内リンクの機能は、目次機能と同じです。目次をクリックすると、ページ内の見出しまで移動することが出来ます。目次をクリックすれば、ページ内の見出しに移動できますよ。

では、どういう風に作成するかを説明します。

ページ内リンクの作成方法1

  1. 移動する先の文章を、段落ブロックで作成し、HTMLとして編集に切り替えます。

段落ブロックで、”ここが飛ばす先”と文章を作成し、『︙』マーク(青矢印)をクリックするとメニューが表示されすので、『HTMLとして編集』を選択します。

  1. HTMLのコードが表示されますので、『id』を追記します。

pのタグの中に『id=”manuallink01″』と追記ます。idにつける名前は固有の名前にして下さい。

  1. 次にリンクを作成します。リンク先は、下記の様に『#(シャープ)+ id名』にします。

先ほどのidはmanuallink01だったので、『#manuallink01』と入力します。そして、入力欄の右側の矢印をクリックし、リンクを完成させます。

これで終了です!

まとめ

いかがだったでしょうか。

内部リンクは、主に目次で用いられますが、記事に脚注をつける場合にも有効です。多くの脚注はリンクがなく数字だけですが、このように内部リンクで飛ばすことによって、より読者に読みやすい記事にすることが出来ます。

脚注を使用されている方は、是非、試してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました