【WordPress】簡単、記事を複製するプラグイン – Duplicate Post

プラグイン

こんにちは。

今回は記事を複製するプラグインを紹介します。

似たような記事を書きたいときに、記事を複製してテンプレートとして使用する時に便利です。

プラグインのインストール

ダッシュボード』→『プラグイン』→『新規追加』→キーワード検索の入力欄に『Duplicate Post』と入力して下さい。

下記の通り、Duplicate Posteのプラグインが表示されますので、『今すぐインストール』をクリックして、インストールし、『有効化』して下さい。

プラグインの設定 – スラッグにチェック-

ダッシュボード』→『プラグイン』→『インストール済みプラグイン』→『Duplicate Post』→『設定』をクリックして下さい。

タブの『複製元』の『スラッグ』にチェックを入れて下さい。その他は、標準の設定で大丈夫です。

記事の複製の方法

ダッシュボード』→『投稿』→『投稿一覧』→複製したい記事を選びます。『複製』というメニューが出来ていますので、それをクリックすると記事が複製されます。

記事が下記の通り複製されます。スラッグも複製されますので、スラッグの修正を忘れないようにして下さい。修正を忘れたとしても、記事のURLの重複にはならないので安心して下さい。

スラッグの修正に関する注意 – URLの重複はされない –

設定時にスラッグにチェックを入れましたが、複製された記事のスラッグも同じになります。記事のURLアドレスが同じになってしまうと心配されると思いますが、安心して下さい。

複製元の記事が公開されていれば、複製記事が公開されるときに、スラッグ後に”-2“と追記されますので、URLの重複されることはありません。

また、複製元の記事が公開されていなく、複製した記事が先に公開されると、スラッグの名前の後に数字が追記されません。

Duplicate Postによって同じ記事が作成されるわけですが、公開される順で番号が追加されますので、URLが重なることはありません。

まとめ

主に毎週の日記を書くときに、記事の複製をしています。

日記はアイキャッチ画像は同じであるのと、スラッグを週番号にしているので、複製したスラッグの週を変更するだけです。もちろん、記事自体は新しく書き換えますが、毎週日記を書くときには、作業が減るので楽です。

過去の記事をテンプレートとして使う時には非常に便利です。一度試して見られたらどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました