【WordPress】記事を複製するプラグイン – 類似記事を作成するのに便利 『Duplicate Post』

スポンサーリンク
WordPress

似たような記事を書きたい時に、以前に作成した記事をコピーして、新たに記事を書くということはありませんか?例えば、カテゴリーもタグも同じで、アイキャッチも同じような記事です。

そんな時に、記事の文面などをコピーして貼り付けていくのは面倒ですよね。そんな面倒な処理をしてくれる便利なプラグインがあるんです。

今回は、記事を複製するプラグイン『Duplicate Post』を紹介します。

スポンサーリンク

プラグインのインストール

ダッシュボード』→『プラグイン』→『新規追加』→キーワード検索の入力欄に『Duplicate Post』と入力して下さい。

下記の通り、Duplicate Posteのプラグインが表示されますので、『今すぐインストール』をクリックして、インストールし、『有効化』して下さい。

Duplicate Post

プラグインの設定 – スラッグにチェック-

ダッシュボード』→『プラグイン』→『インストール済みプラグイン』→『Duplicate Post』→『設定』をクリックして下さい。

設定

タブの『複製元』の『スラッグ』にチェックを入れて下さい。その他は、標準の設定で大丈夫です。こうすることによって、記事のアドレスもコピーされます。同じアドレスの記事が出来てしまうと心配されるかもしれませんが、実際に複製された記事が公開された場合、自動的にスラッグの後ろに”-2“と後番が付くので、重複することはありません。後に詳しく説明します。

スラッグにチェックを入れる

記事の複製の方法

ダッシュボード』→『投稿』→『投稿一覧』→複製したい記事を選びます。『複製』というメニューが出来ていますので、それをクリックすると記事が複製されます。

『複製』を選択

記事が下記の通り複製されます。スラッグも複製されますので、スラッグの修正を忘れないようにして下さい

スラッグの修正を忘れないように

スラッグの修正に関する注意 – URLの重複はされない –

設定時にスラッグにチェックを入れましたが、複製された記事のスラッグも同じになります。記事のURLアドレスが同じになってしまうと心配されると思いますが、安心して下さい。

複製元の記事が公開されていれば、複製記事が公開されるときに、スラッグ後に”-2“と追記されますので、URLの重複されることはありません。

自動的にスラッグが修正される

また、複製元の記事が公開されていなく、複製した記事が先に公開されると、スラッグの名前の後に数字が追記されません。

Duplicate Postによって同じ記事が作成されるわけですが、公開される順で番号が追加されますので、URLが重複することはありません。

まとめ

私の場合は、週に一度書く日記等で『Duplicate Post』で記事の複製をしています。

日記はアイキャッチ画像は同じであるのと、スラッグを週番号にしているので、複製した記事でスラッグの週を変更するだけで済みますので、新たに記事を作成するよりも作業が減るので非常に楽になります。

時短になるので、おススメ致します。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました