特定の場所にreCAPTCHAを設置にする『Invisible reCaptcha for WordPress』

プラグイン

こんにちは。
今回はGoogleのスパム対策ツール『reCAPTCHA』を特定のページに設置するプラグイン『Invisible reCaptcha for WordPress』を紹介したいと思います。

プラグインの機能

Invisible reCaptcha for WordPress』の主な機能を紹介します。

設置場所の選択

reCAPTCHAを以下の場所に設置することが出来ます。

  • WordPressのログイン画面
  • WordPressのパスワード再発行画面
  • コメント投稿画面
  • 問い合わせフォーム(Contact Form 7のプラグイン)の画面

特に「Contact Form 7」で問い合わせフォームを作成されている方にとっては嬉しい機能です。というのも、Contact Form 7にもreCAPTCHAを搭載するオプションはありますが、そのオプションを使用すると、すべてのページにreCAPTCHAのマークが表示されてしまうからです。

ページの埋め込み可能

通常、reCAPTCHAのマークはページ右下に表示されますが、下のようにページ内に埋め込む(送信ボタンの下側)ことも出来ます。

プラグインのインストールと設定

インストール

「ダッシュボード」⇒「プラグイン」⇒「新規追加」⇒検索ボックスにinvisible recaptchaと入力し検索して下さい。似たようなプラグインがありますが、『Invisible reCaptcha for WordPress』という名前のプラグインが今回のプラグインになります。作者はMihai Chelaruさんなので、作者で確認してみるのもいいかもしれません。

今すぐインストール」をクリックし、「有効化」をクリックして下さい。これでプラグインのインストールは完了です。

設定

次に、設定をする為に「ダッシュボード」⇒「設定」⇒「Invisible reCaptcha」に進んで下さい。

設定画面が表示されます。左側にタブでメニュー分けされており、変更するのは「設定」、「WordPress」、「問い合わせフォーム」になります。

設定

まずは『設定』のタブから入力していきます。

サイト鍵にはreCAPTCHAのサイトキーを入力して下さい。

秘密鍵にはreCAPTCHAのシークレットキーを入力して下さい。

言語Japaneseを選択して下さい。

バッジ位置右下左下インラインと選べます。先述のようにページに埋め込みたい場合は、インラインを選択して下さい。

バッジのカスタムCSSは表示されるマークのデザインを変更することも出来ます。また表示を消すことも出来ます。

表示を消す場合は、下記のコードを入力します。

.grecaptcha-badge { visibility: hidden;}

入力が終われば、一番下の『変更を保存』をクリックして下さい。

WordPress

次に『WordPress』のタブに移動して下さい。

どのページにreCAPTCHAを設定するかを決める画面になります。安全の為に、すべてにチェックすることをおススメします。

入力が終われば、一番下の『変更を保存』をクリックして下さい。

問い合わせフォーム

次に『問い合わせフォーム』のタブに移動して下さい。

Contact Form 7』を使用されている方は、ここにチェックを入れて下さい。

入力が終われば、一番下の『変更を保存』をクリックして下さい。

以上で設定は完了です。

最後に設定したページにreCAPTCHAのマークが表示されるかを確認して下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ログイン画面やパスワード発行画面にも設定できるので、安心感は増えますよね。

凄く使いやすいプラグインなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

役に立った!」と思れましたら、下のSNSボタンで記事のシェアをしていただけると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました