【LibreOffice】 英単語の先頭文字の大文字を止める

アプリ

こんにちは!

今回はLibreOfficeの自動修正機能について話します。

LibreOfficeでローマ字半角(英単語)を入力すると、先頭の文字が小文字から大文字になることがあります。

小文字で入力してるのに、どうしても大文字になって困りますよね。

これは、自動修正(オートコレクション)機能の一部で、先頭の文字を大文字にするようにしているからなんです。

そこで、この設定を変更するには、上部メニューの「ツール」⇒「オートコレクト」を開いて「オプション」タグの「すべての文を大文字で始める」のチェックを外してください。

「すべての文を大文字で始める」のチェックボックスを外す

設定が終われば、英単語を入力しても、最初の文字が小文字から大文字に変わることはありません。

この他に、以下の設定のチェックも外しておくのをおススメいたします。

  • 2文字目を小文字にする
  • “太字”、/斜体/、-取り消し線-、_下線_を自動で入れる
  • cAPS LOCKキーの誤用を修正

私の場合はすべてのチェックを外しています^^;。やはり、自分が入力した通りにしたいですよね。

役に立った!」と思れましたら、下のSNSボタンで記事のシェアをしていただけると嬉しいです!

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
エムディエヌコーポレーション
Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を実用入門書。Webサイトやブログの記事だけではなく、 ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!。

コメント

タイトルとURLをコピーしました