【LibreOffice】数式・化学式を書くよ ~卒業論文・レポートで役立つ~

アプリ

今回は、LibreOffice数式・化学式を書く方法をシェアしたいと思います。

数式・化学式を書くには、『Tex』を使用している方もいると思いますが、LibreOfficeでも十分出来ます。

LibreOfficeには『Math』というアプリがあり、数式・化学式を作成することが出来ます。ただ、Math単体だと、画像やメールに添付するだけで、レポート作成には向いていません。

なので、LibreOfficeの文書作成アプリ『Writer』を使って、『Math』を併用します。

では、どのように数式・化学式を入力するのかを説明します。

Writerで数式・化学式を書く

Writerを開いて下さい。

上部メニューの『挿入』⇒『オブジェクト』⇒『数式』を選んで下さい。

『挿入』⇒『オブジェクト』⇒『数式』

そうすると、ページ下部に数式ボックスが現れます。これがMathのアプリの機能です。このボックス内に数式を入力すれば、文書に数式が現れます。

ページ下部に数式ボックス

ただ、この表示だと、数式を表示する関数を調べていかなければなりません。メニュー上部で『表示』⇒『要素』を選んで下さい。

要素の表示

そうすると、数式の候補要素が表示されます。これで入力方法が分かりやすくなりましたね。これらの要素を利用して、自分が表示したい数式・化学式を作成します。下記が作成した例です。

数式・化学式の例

特殊な文字を数式に入れたい場合

数字以外の文字の入力

数式に円マークやパイプなどの記号を入れたい場合、そのまま入力すると文字化けします。その場合は、式の前にダブルクオーテーションを入力して下さい。そうすると文字が正常に出力されます。

ダブルクオーテーションを付ける

記号を入力する場合

記号を入力する場合は、上部メニューの「ツール」⇒「記号」をクリックして下さい。記号のウインドウ出ます。「記号セット」のタブを変更して、希望の記号を探します。

もし希望の記号が無い場合、「編集」をクリックします。そうするとさらに特殊な記号が表示されます。希望の記号探してOKをクリックし記号のウインドウに加えます。そして、記号を選択した状態で、「挿入」をクリックして数式に代入します。

記号の入力

まとめ

いかがだったでしょうか。

数式の編集も簡単に出来るので、非常に便利です。ギリシャ文字、大小、絶対値の記号などに関しては、下記のページも参考にして下さい。

【保存版】ギリシャ文字 Latex, Pythonコマンドリスト
LatexやPythonなどで、ギリシャ文字を出力する為のコードリストです。是非、参考にして下さい。LatexName大文字コマンド小文字コマンドAlpha(...

役に立った!」と思れましたら、下のSNSボタンで記事のシェアをしていただけると嬉しいです!

MARK RYDEN バックパック防水 ビジネスリュック メンズ用 YKKファスナー 30L大容量 盗難防止ラップトップバッグ17インチパソコン対応 黒
MARK RYDEN(マークライデン)
表面素材は傷などがつきにくい高密度の防水生地を使用していますので、耐摩耗性・耐久性を実現しました。軽い雨や水などをこぼしても問題ない。YKKジッパーを使用する、ファスナー周囲の縫製が加固処理して、元よりもっと丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました