【LibreOffice】数式・化学式を書くよ ~卒業論文・レポートで役立つ~

スポンサーリンク
アプリ

今回は、LibreOfficeで数式・化学式を書く方法をシェアしたいと思います。

数式・化学式を書くには、『Tex』を使用している方もいると思いますが、LibreOfficeでも十分出来ます。

LibreOfficeには『Math』というアプリがあり、数式・化学式を作成することが出来ます。ただ、Math単体だと、画像やメールに添付するだけで、レポート作成には向いていません。つまり、使い道がないんですよね。

数式や化学式を含んだ論文やレポートを作成する時は、LibreOfficeの文書作成アプリ『Writer』を使うことになります。

では、Writerで、どのように数式・化学式を入力するのかを説明します。

スポンサーリンク

Writerで数式・化学式を書く

Writerを開いて下さい。

上部メニューの『挿入』⇒『オブジェクト』⇒『数式』を選んで下さい。

『挿入』⇒『オブジェクト』⇒『数式』

そうすると、ページ下部に数式ボックスが現れます。このボックス内に数式を入力すれば、文書に数式が現れます。

ページ下部に数式ボックス

ただ、この表示だと、数式を表示する関数を調べていかなければなりません。メニュー上部で『表示』⇒『要素』を選んで下さい。

要素の表示

そうすると、数式の候補要素が表示されます。これで入力方法が分かりやすくなりましたね。これらの要素を利用して、自分が表示したい数式・化学式を作成します。下記が作成した例です。

数式・化学式の例

まとめ

いかがだったでしょうか。

ギリシャ文字、大小、絶対値の記号などもあります。数式の編集も簡単に出来るので、非常に便利です。

より詳細をご覧になりたい方は、公式ページの、LibreOffice Math の例を参照して下さい。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました