TwitterのAPI Key、Tokenを作成手順 – 英語の申請だけど簡単 – 自動Botで必要

アプリ

こんにちは。

今回はTwitterAPIのKeyとTokenの申請の仕方を説明します。今回、APIのKeyを作成したきっかけは、ブログの新規投稿をTwitterで自動ツイートさせるために、必要だったからです。またTwitter Botなどの使用時にもAPIのKeyが必要になってきます。

TwitterのAPIのKeyの申請ページは日本語のページがないので、是非今回の記事が参考になればうれしいです。

今回の説明は、Twitterのアカウントを持っていることが前提です。

TwitterのAPIのKey、Tokenの申請をする – すべて英語

https://apps.twitter.com/にアクセスして下さい。

右上の『Apply』をクリックして下さい。

Apply for a developer account』をクリックして下さい。

どのような用途でAPIアカウントを作成するかという画面になります。私の場合は、新規ブログ投稿をTwitterにツイートする為に使用するので、『Hobbiest』の『Making a bot』を選びました。その後、『Next』をクリックして下さい。

What country do you live in?』には住んでいる国になるので『Japan』、 『What would you like us to call you?』にはニックネームでいいので英語で記入 。次のチェックボックスはアップデートの知らせがメールで欲しいかというものなので、チェック不要。

APIをどのように使うかという質問があります。英語で200文字以上で回答しなければなりません。私の場合は、WordPressを使っており、新規投稿の際に自動的にWordPressのプラグインを使ってツイートをするためというのを英語で書きました。英語が苦手な方は、Google Translaterを使う事をおススメします。伝わるか自信がない方もいらっしゃるかもしれませんが、Twitter側で意味が解らなかった場合は、メールで詳細を教えて欲しいと連絡が日本語できます。

ツイッターのデータを解析する予定があるかという質問ですが、解析には使わないので『No』を選択します。

次の質問は、アプリがツイート等をするのかという質問です。自動的にツイートするプラグインを使うので、ここには回答する必要があります。プラグインで新規投稿をツイートするということを英語で書きました。

ツイッター以外にツイートを別で表示したり、データを集計したりするのかという質問ですが、しないので、『No』を選択します。

この質問も『No』にしました。質問事項はこれで終わりです。『Next』をクリックして下さい。

最後に確認のチェックボックスを入れれば申請は終わりです。確認してくださいと日本語でメールがきますので、確認をクリックして下さい。

APIアカウント – Consumer API keys、Access token & access token secret

先ほどの確認をクリックすると、先ほどの同じような質問画面が出ます。App nameは、このAPIアカウントの使用目的として解りやすい名前で、Application descriptionはこのAPIアカウントを使ってどうするかという内容です。先ほどの申請の時と同じ理由でいいと思います。

  

自分のホームページを入力します。

最初と同じような質問なので、同じような事を入力しました。

これで『Submit Application』をクリックすれば、『Consumer API keys』、『Access token & access token secret』を入手することが出来ます。

まとめ

英語で入力するところは200 characters というのが記載されていれば、200単語ではなく、200文字です。200単語だと沢山記述しないといけませんが、200文字なので少ないです、安心して下さい。英語が苦手な方はGoogle Translatorを使って英語に変換するのもいいと思います。

申請は少し難しいところがありますが、この記事を読めば少しでも楽になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました