【おススメ】Twittimer : Twitterの予約投稿が無料で出来る!!

アプリ

今回はTwitterの予約投稿できるサイトTwittimer』を紹介します。

Twittimer
Schedule your messages on Twitter, Facebook and LinkedIn

このサイトでは「毎日英単語」 英語力アップという英語学習のTwitterを毎朝配信しています。今までは自分で投稿していたので、時間がマチマチだったり、投稿忘れがあり、予約投稿できればと思っていました。

Twitterの公式サイトでは商用のアカウントであれば予約投稿が出来るサービスを行っています。しかし商用のアカウントなので、面倒なイメージがあり利用には至りませんでした。そして色々と探していると、『Twittimer』というSNS(Twitter、LinkedIN)の予約投稿のサービスのサイトを見つけました。

使い始めて数日経ち、使い心地にゾッコンになりました。すごく便利です。

Twittimerのおススメポイント

1アカウント、10個の予約投稿まで無料

無料コースではTwitterとLinkedINのアカウント1個予約投稿10個まで可能です。個人であれば10個まで予約投稿できるのは十分ですよね。私の場合は1日1回の投稿なので、10日分の作業が削減出来ます。
それ以上を求められるならば、有料コースがあります。有料コースであれば、複数のアカウント、10以上の予約投稿が可能です。Twitterの投稿で商用化出来ているのであれば、有料コースを選んでもいいかもしれません。

使いやすい操作画面

予約投稿する画面が初心者でもわかりやすいです。Schedulerでは予約投稿の一覧を時系列で確認できます。Archiveでは過去15日間(有料サービスは60日間)の投稿履歴を確認することが出来ます。

Twittimer – 入力画面

投稿時間は日本時間

海外のサイトなのですが、投稿時間を日本時間(Tokyo)に合わせることができる。もちろん色々な国の時間に投稿時間を合わせる事が出来ます。

Twittimer – 世界時間の調整 – Tokyoを指定

APIなどは不要、Twitterのアカウントだけで連携

詳しい方はご存知だと思いますが、予約投稿する際はTwitterのAPIの登録が必要という高い敷居がありますが、このサービスはTwitterのアカウントのみで連携できます。

予約投稿で注意点 –  文字数

Twitterでは文字数を超えていると、超えてる文字数を編集画面で知ることができます。Twittimerの編集画面は入力文字数を表示してくれますが、文字数が超えているかわかりません。そして、文字数オーバーで予約出来てしまいます。しかし、結果として文字数を超えているので投稿時間になっても投稿出来ません。必ず最大文字数、全角140文字(半角280文字)を確認して予約投稿して下さい

Twittimer – 文字入力画面右下 – 文字数を表示

ある程度の文字数であれば、一度Twitterの入力画面で文字が制限を超えていないかを確認することをおススメします。

まとめ

その他に気に入っている点は、無料だからといって広告が表示されてない所です。無料であると不必要な広告が付くのではと心配していましたが、ありませんでした。また、使い勝手が悪ければ、退会も簡単に出来るので安心です(MENU⇒SETTINGS⇒Delete Account)。

Twitterの予約投稿を考えられている方はご利用されてみてはいかがでしょうか。

Twittimer

Twittimer
Schedule your messages on Twitter, Facebook and LinkedIn

コメント

タイトルとURLをコピーしました