【フィギュアスケート】2019年中国大会レビュー -田中選手5位、宮原選手2位、本田選手7位

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク

2019年中国大会結果 – 宮原選手2位表彰台

男子順位 選手名 SP FS
1位 金 博洋(キン ハクヨウ)(中国) 85.43 176.10
2位 閆 涵(エン カン)(中国) 86.46 162.99
3位 マッテオ・リッツォ(ITA) 81.72 160.56
5位 田中刑事 74.64 158.98
女子順位 選手名 SP FS
1位 アンナ・シェルバコワ(RUS) 73.51 152.53
2位 宮原知子 68.91 142.27
3位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS) 65.57 143.53
7位 本田真凛 61.73 106.36

宮原選手がロシア勢の強豪の中、2位になりました。おめでとうございます!ノーミスの宮原が帰ってきましたね。

女子1位は ロシアのアンナ・シェルバコワ選手でした。やはりロシアのシニアデビュー組は強いですね。3位は日本でも人気のあるエリザベータ・トゥクタミシェワ 選手。なんとFSではトリプルアクセルを2度も決め、FSでは宮原選手を抜いて2位の成績を残しました。女子では4回転かトリプルアクセルをマスターしないと上位には行けない状況になってきていますが、宮原選手はその中で総合2位になったのは素晴らしいことです。本田選手も表彰台には上れませんでしたが、今後の可能性というものを見せてくれたような気がします。全日本は楽しみですね。

男子は田中選手がFS5位になり、挽回しましたが、グランプリファイナルには厳しくなりました。ただ、前回の大会では3位という成績を収めたので、来年はさらに良くなっていくのではないでしょうか。

今週行われるロシア大会では、宇野選手、友野選手、宮原選手、白岩選手、横井選手が出場します。宮原選手は2戦連続出場となり、グランプリファイナルをかけた試合になります。この大会で2位以上になれば、ファイナル出場になります。この大会では、ロシアのトゥルソワ選手、メドべージェワ選手、アメリカのベル選手の強豪選手がいますが、宮原選手であれば、表彰台は固いような気がします。男子としては、宇野選手に是非とも復活優勝を期待したいです。

ポイントランキング – シェルバコワ選手、ファイナル確定

順位 名前 アメリカ カナダ フランス 中国 ロシア 日本 合計
1 ネイサン・チェン (USA) 15   15       30
2 金 博洋 (CHN) 5     15     20
3 田中 刑事 (JPN)   11   7     18
4 キーガン・メッシング (CAN) 9     9     18
5 マッテオ・リッツォ (ITA)   5   11     16
6 羽生 結弦 (JPN)   15       X 15
7 アレクサンドル・サマリン (RUS)     13   X   13
8 ナム・ニューエン (CAN)   13     X   13
9 ジェイソン・ブラウン (USA) 13         X 13
10 閆 涵(CHN)       13     13
11 カムデン・プルキネン (USA)   9   3     11
12 ケビン・エイモズ (FRA)     11     X 11
13 ドミトリー・アリエフ (RUS) 11       X   11
14 モリス・クビテラシビリ (GEO)     9   X   9
17 友野 一希 (JPN) 7       X   7
18 樋渡 知樹 (USA)     7     X 7
24 宇野 昌磨 (JPN)     3   X   3
29 島田 高志郎 (JPN) 0         X 0

 

順位 名前 USA CAN FRA CHN RUS JPY 合計
1 アンナ・シェルバコワ (RUS)  15     15     30
2 ブレイディー・テネル (USA) 13 9         22
3 エリザベータ・トゥクタミシェワ (RUS) 11     11     22
4 ユ・ヨン (KOR)   11   9     20
5 坂本 花織 (JPN) 9   9       18
6 アレクサンドラ・トゥルソワ (RUS)   15     X   15
7 アリョーナ・コストルナヤ (RUS)     15     X 15
8 紀平 梨花 (JPN)   13       X 13
9 アリーナ・ザギトワ (RUS)     13     X 13
10 宮原 知子 (JPN)       13 X   13
11 マライア・ベル (USA)     11   X   11
12 樋口 新葉 (JPN) 5   5       10
13 アンバー・グレン (USA) 4     5     9
14 本田 真凜 (JPN)   5   4     9
15 エフゲニア・メドべージェワ (RUS)   7     X   7
26 白岩 優奈 (JPN)     0   X   0
36 山下 真瑚 (JPN) 0         X 0
  横井 ゆは菜 (JPN)         X X  

*********************************::

ところで今回の中国大会は資生堂がメインスポンサーになったのか、『2019年資生堂中国杯』となっていました。日本の大会はNHK杯なので、さすがに国内のスポンサーになれなかったのでしょうか^^;。

コメント

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました